母の日には
赤いカーネーションにプレゼントを添えて・・・

カーネーションピンク
というのが定番となっていますが

母の日の起源となったお話で登場したのは
赤ではなく、白いカーネーションでした。

このあたりについては
1つ前の記事をご覧いただくことにして・・・
(この記事の中ほどにご案内のリンクがあります。)

今回は、母の日のカーネーションと、カーネーションののお話です。


Sponsoerd link

カーネーションの由来

カーネーションの母の日にまつわる話を
聞きたいところだとは思いますが、まずは焦らずに・・・。

このような機会は、そうあることでもないので
カーネーションの花のお話からどうぞ^ ^

カーネーションは、なでしこ属の植物で、
属名を「dianthus(ディアンツス)」といいます。

「dianthus」は、
ギリシャ語でを意味する「dios(ディオス)」
を意味する「anthos(アントス)」に由来いています。

また、キリスト教では、
十字架を背負ったキリストを見送った母マリアの涙の跡
そして、キリストが復活した時
カーネーションが咲いたといわれています。マリアとキリスト

白いカーネーションは
生前のキリストとマリアの涙を表し
赤いカーネーションは
キリストの体から散った
キリストの復活を象徴しています。


母の日のカーネーション

アンナが、母親の追悼式で参加者に手渡したのは
白いカーネーションでした。

その後、存命する母親を持つ人は赤いカーネーション
母親を亡くした人は白いカーネーション
自分の胸に着けるようになりました。

これは、アンナの提案でした。

この風習が、時の流れと共に
母親にカーネーションの花を贈る風習へと変わっていきました。


母の日の起源になったアンナのお話はこちらをご覧ください。
  ⇒「母の日はいつ?どんな由来があるの?」


どうして日本では赤いカーネーションだけなの?

日本で母の日が普及した当初、カーネーションの色は、カーネーション赤2
アメリカ同様に、赤と白で区別していました。

が・・・

色で区別することで
気持ちが傷つく子供が居ることや
養母に育てられた子供の気持ちに配慮すべき。という声が出てきたのです。

このことが引き金となり、
母の日には赤いカーネーションを贈る。
という風習が定着したのです。


カーネーションの色と意味

今では、様々な色のカーネーションがあり
赤にこだわらなくともいいという風潮もあります。

ところで、カーネーションはその色ごと
違う花言葉を持っていることは、ご存知でしょうか?

  • 赤:「真実の愛」「愛情」「情熱」「母への愛」
  • 濃い赤:「私の心に哀しみを」
  • 白:「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」
  • ピンク:「感謝」「上品・気品」「暖かい心」
  • オレンジ:「集団美」「純粋な愛」「清らかな慕情」
  • 黄色:「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
  • 紫:「誇り」「気品」
  • 青:「永遠の幸福」

色によって、ずいぶんと意味合いが違いますね^ ^

母の日に贈るカーネーションのに迷ったら
花言葉を参考にして選んでみてはいかがでしょうか。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事