大晦日には年越しそばがつき物ですが・・・

なぜ、大晦日におそばを食べるようになったのか?って、気になりませんか?年越しそば

しかも、年越しというにも関わらず、お昼に食べたりすることもあります。

いつ食べるのがいいんだろう?なんて、考えた事はありませんか?


あるある!というあなたはもちろん!!

言われてみれば、なんだか気になってきたというあなたも、この先へお進みください^ ^

きっとスッキリできますよっ♪


sponserd Links


年越しそばと晦日そば

年越しそばは、大晦日に食べるそばというのが、今では当たり前になっています。

節分②
でも、江戸時代に年越しそばというと、節分に食べるそばの事を指していました。

これは、立春から新年が始まるという、当時の考え方からきています。

立春を新年と考えると、その前日である節分の日が、年越しの日に当たるわけです。

さらに、晦日そばといって、月末におそばを食べる風習もありました。


新暦になると、毎月末日を晦日とは言わなくなり、12月31日だけを大晦日というようになります。

このことがきっかけで、晦日そばの風習は無くなっていきました。

残ったのが12月31日におそばを食べる風習で、この日は元旦の前日であることから、年越しそばとなったという推測が成り立っています。


年越しそばの由来

それでは、なぜ?新年を迎える前日に、うどんやそうめんではなくおそばを食べたのでしょう?

年越しそばの由来は諸説あります。
ここでは、有力とされる5つの説をお届けいたします。

  • そばは細く長く延びるので、細く長く生きるようにと「延命長寿」を願って食べられるようになった。

  • 江戸の金細工職人は、仕事納めの時にそば粉を練った団子で飛び散った金粉を拾い集めていました。
    そのそば団子を、水の入ったタライに浸けると、そば粉が解けて金粉がタライの底にたまるという仕組みでした。

    このことから、「金が集まる」「金が貯まる」という縁起物として食べられるようになった。

  • おそばは、他の麺類に比べて切れやすいことから、一年の苦労や災厄を切り捨てたいと願って食べられるようになった
  • そば畑

  • 植物のそばは、雨風にたたかれても、再び日光を浴びると元気を取り戻します。

    ここから、健康の縁起を担ぐのにいいとされ、おそばを食べるようになった。

  • 鎌倉時代のこと。
    博多の承天時で、年を越せない貧しい人に「世直しそば」として、そば餅を振舞いました。すると、その翌年から皆に運が向いてきたので、年越しそばを食べるようになった。



こうしてみると、年越しそばは縁起担ぎの食べ物だったということが良く解ります。


年越しそばはいつ食べる?

さて、年越しそばを食べる時間は、ご家庭によって様々だと思います。

12月31日もお仕事の方は、会社でお昼に食べたりしているかもしれません。

とはいえ、年越しそばは○時に食べるものという話は、聞いたことが無いと思いませんか?

いったいぜんたい、いつ食べたらいいのでしょう???


年越しそばは、一般的に、12月31日のうちに食べるといいとされています。

なぜか?というと、年越しそばの由来のひとつに関係しています。

先に書いた5つのうちの1つなのですが、どれだと思いますか???


それは・・・


由来の3番目にある「一年の苦労や災厄を切り捨てたい」というところです。

年内にあった苦労や災厄は、その年の内に断ち切って、翌年に持ち越さないように願ったのだそうです。


ということで・・・
年越しそばは、12月31日の23時59分59秒までに食べ終えましょう。

個人的には、除夜の鐘を聞きながら食べたいなぁ~^ ^



≪参考≫
 としこしそば【年越し蕎麦】/ 冠婚葬祭マナー&ビジネス知識
 節分そば / 手打ちそば喜心庵



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link