当ブログ工事中につき、一部お見苦しい部分があることについて、お詫びいたします。
スポンサーリンク

「土用の丑の日」の土用とは?

今日は「土用の丑の日」だから、夏バテをしないようにうなぎを食べるんだよ。

まだ幼い頃、こんな風に言い聞かされたことを覚えています。

うなぎの蒲焼②-min

不思議といえば不思議なことなのですが、「土用の丑の日」という日は、祝日でもないのに生活の中にかなり浸透しています。

そんな「土用の丑の日」は、いったいどんな日のことなんだろう?と考えた時、「土用」「丑の日」と、二つに分けることができるとひらめきました^ ^

「丑の日」だけを取れば、(最近はあまり見かけませんが)カレンダーの日付の横に小さく書いてある「丙戌」とか「己丑」といった文字に「丑」と付いている日が「丑の日」なんだろうなぁ~程度ですが、解らなくもありません。

丑の日については、こちらの記事が良く解ります。

夏の土用の丑の日はいつ?何回あるの?
夏の土用の丑の日は、なぜ、回数が違うのでしょう?その理由が解ります!夏の土用の丑の日って、今年はいつだっけ?と思っていたら、どうぞお立ち寄りください。2017年から2026年までの10年分を、一挙に公開しています!

では、「土用」は、いったいどこから来たのでしょう?

今回は、土用の丑の日の「土用」について、その由来語源をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土用の丑の日 土用の由来とは?

土用という期間には、古代中国の思想である「陰陽五行説」がかかわっています。

陰陽五行説は、

  • 自然界のあらゆるものを「蔭」と「陽」にわけた「陰陽論」
  • 自然界は「もく」「」「」「ごん」「すい」の5つの要素でなりたっているとする「五行説」

この2つを組み合わせて、宇宙や自然、人事などありとあらゆる現象を説明する理論です。

陰陽五行-min

四季を五行説で表そうとした時、五行説が持つ5つの要素に1年を表す四季を当てはめ「春=木」「夏=火」「秋=金」「冬=水」としました。

でも、これでは五行説の構成要素である「土」が欠けてしまいます。

そこで、それぞれの季節の終わり約18日間「土」を割り当てて「土用」としたのです。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」各日の前、約18日間が土用の期間となっています。

あれ???土用って夏だけじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

今では、土用というと夏土用を指す言葉になっていますが、土用春夏秋冬各季節にあります。

土用の丑の日 土用の語源

さて、ここからは土用という言葉を、もう少し掘り下げてみようと思います。

本来、五行説の5つの要素は「木気・火気・土気・金気・水気」といい、「土用」というものはありません。

じゃぁ何なの?
ですよね^ ^;

「土用」は、元々「土旺どおう(王)用事ようじ」と言い、この「旺(王)」と「事」が省略されたものとされています。

「土旺用事」は、「土の気がさかんになり事を用うる」と読みます。

ここでの「用」には、「はたらき」という意味があり、土の気がもっとも働く期間ということです。

そして「王」には「大きく伸びる」といった意味があり、「旺」は「日の光が盛んに四方に放たれるさま」を意味しているそうです。

他に、「土旺(王)が日本に伝わってから発音がなまって「どよう」になったため、「用」という漢字があてはめられて「土用」になったという説もあります。

土用の丑の日!せっかくお取り寄せするなら、国産で贅沢というのもありかも・・・!?

≪参考≫
 土用 / 日本文化いろは事典
 土用の入り / こよみのページ
 土用の丑の日とは / 川口水産
 陰陽五行説 / 三嶋暦

コメント

タイトルとURLをコピーしました