現在、当ブロブのリニューアル工事を行っているため、一時的な不具合や、一部お見苦しい部分があり、ご不便をおかけしているかと思います。 なるだけ早く解消するように動いていますので、今しばらくお待ちいただきたくお願いいたします。
スポンサーリンク

小満の意味とは?時期はいつ?どんな季節なの?

春に芽吹いた草木が生長し、若草色から濃い緑へと移り変わる5月。

暦の上では、夏を意味する立夏を向かえます。


草原-min

立夏は、ニュースなどでも伝えられますから、よくご存知ではないかと思います。

ただ5月には、もう1つ!季節の節目となる日があります。


それは「小満(しょうまん)という日なのですが、ご存知でしょうか?


おそらくですが・・・初めて聞いた!という方の方が多いのではないかな?と思います。

小満という言葉も、なぜそう呼ぶのか? が、なんとなくでも思いつかないのではないでしょうか。

  • 小満にはどんな意味があるのか?
  • いつ小満を迎えるのか?
  • 小満とはどのような時期なのか?

もし、このようなことにご興味がありましたら、どうぞこの先へお進みください。

みなさんに、解り易くまとめています。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

小満の意味

暦便覧を紐解いてみると、小満の欄には

「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」

とあります。


「盈満」は、「物事が満ちあふれること。また、そのさま」という意味を持っています。(goo辞書より)

全てのものが満ちあふれると、草木に枝葉が茂る。

直訳するとこんな風になりますが、これでは何がなんだか解りません(汗;

本来の意味は、

陽気がよくなり、草木などの生物が次第に生長して生い茂る。

つまりは、

全てのものがしだいに成長して、天地に満ち始める頃

を表した言葉です。


また、農耕を主としていた時代には、秋にまいた麦の種などが、ちょうど穂をつける時期でもありました。

穂が出始めた麦を見て「今年は順調に育っている」と、ほっと一安心(少し満足)したのだそうです。

そんなところから、小満と言われるようになったという説もあります。

その昔、農作物の出来具合は、生死に関わるほど重要なものでした。

もう少しで収穫を迎える作物を目にすることで、「良かった・・・」と、胸を撫で下ろす時期だったのでしょう。


[colored_box color=”red” corner=”r”]※暦便覧について

正式名称を「こよみ便覧」といい、江戸時代(1787(天明7)年)に出版された、暦の解説書です。

この中に二十四節気の意味を書いている部分があり、現在でも二十四節気を説明する際に引用されています。

現在は、国立国会図書館と東京大学に蔵書として保管されておりますが、国立国会図書館においてネット公開されていますから、実際にご覧いただく事も可能です。
 ⇒「暦便覧」 ※二十四節気の記載は、7ページ目にあります。[/colored_box]


小満はいつ?

小満は毎年5月21日頃、もしくは小満から次の節気である芒種(ぼうしゅ)までの期間を指します。

現在、暦要項で公表されている小満の日(期間)は、

  • 2017年5月21日(5月21日~6月5日)
  • 2019年も5月21日(5月21日~6月5日)

と、なっています。


小満の季節(七十二候)

さて、小満の頃の日本は、どんな季節を迎えるのでしょう?
七十二候を基に見ていくことにします。

[colored_box color=”red” corner=”r”]※七十二候(しちじゅうにこう)
 1つの節気を、初候、次候、末候(5日ずつ)の3つに分けて、気象や動植物の変化を表したものです。
[/colored_box]


小満 初候 蚕起食桑

「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

蚕(かいこ)が、桑の葉を盛んに食べて、成長する時期を表しています。


突然ですが、はご存知でしょうか?蚕-min

蚕は、蛾の幼虫です。

成虫になる前に作る(まゆ)が、絹糸の原料になります。

蚕を育てて繭を作り、絹糸を生産することを、養蚕(ようさん)業といいます。

絹織物は、卑弥呼の時代には作られていたといいますから、その歴史もかなり古いものになります。

また、養蚕業は、日本を支えてきた産業の1つでもあります。

絹糸の生産が盛んになると共に、専業の養蚕農家も出てきたほどですが、元々は農家の副業として行われていました。

繭は、農家にとって重要な収入源であり、その繭を作る蚕を「おかいこさま」と呼んだほどです。

蚕の活動が活発になるこの時期は、農家の人にとっても嬉しい時期だったのではないでしょうか。


小満 次候 紅花栄

「紅花栄(べにばなさかう)

紅花の花が咲きほこる頃を、表しています。

紅花-min

紅花はエジプトが原産とされており、日本へは、飛鳥時代に渡来したといわれています。

その花びらは染料となり、種子からはを採る事ができます。

紅花染め紅花油というと、ピンとくるかと思います。

また、紅花の赤い色素は「紅(べに)」と呼ばれ、口紅の原料にもなりました。


古くから女性を魅了してきた紅の口紅は、今も伝統製法が受け継がれ、作り続けられています。

もし、ご興味がおありでしたら、こちらをご覧ください。
 ⇒「伊勢半本店ホームページ」


小満 末候 麦秋至

「麦秋至(むぎのときいたる)

麦の穂が熟し金色に輝く、麦の収穫期の頃を表しています。

麦畑-min

もしかして・・・

「秋」の文字が気になっていませんか?

実際、秋の季節になるのは、まだまだ先です。

この「秋」は、収穫期を意味するもので、「麦秋」で麦の収穫期を表現しています。

梅雨が近づくこの時期は、二毛作の農家にとって、麦の刈入れに追われる忙しい時期でもありました。




今回取り上げた「小満」は、二十四節気の中ではなじみの薄いものかと思います。

七十二候で表されている産業も、時代の流れと共に衰退しているという事実はぬぐい切れません。

それでも、現在まで受け継がれているものは確実にありますから、その火が消えない事を願っています。



≪参考≫
 小満(しょうまん)/ こよみのページ
 旧暦で楽しむ日本の四季 二十四節気と七十二候 / 別冊宝島編集部
 七十二候・第二十三候「紅花栄(ばにばなさかう)」5/26~5/30 / 暮らしのほとり舎
 七十二候「麦秋至」。五穀の一つ「麦」が豊穣を迎える頃。/ 日々是活き生き―暮らし歳時記



コメント