【おしらせ】当ブログ記事内にあるリンクについて…一部アフィリエイトリンクが含まれています。個別の対応が間に合わない状態ですので、この場にてお知らせいたします。
スポンサーリンク

【2023年情報更新中 有料観覧席先行販売6/20~】山形大花火大会 2023年の日程は?観覧席チケット情報も!

スポンサーリンク

※2023年 山形大花火大会について

2023(令和5)年「第44回山形大花火大会」は、8月14日(月)の開催へ向けて、準備を進めている段階です。

(6/7付更新)
開催日や当日のプログラム等の案内を、2023年へ更新しました。

(6/17付更新)
観覧席販売情報を更新しました。

突然ですが、山形県と言えば何を思い浮かべますか?

さくらんぼ-min

やっぱり「サクランボ」でしょうか?!
果物だと「ラ・フランス」も有名です。

夏には「花笠まつり」があり、秋に行われる「日本一の芋煮会」も密かなブームとなっていますが・・・花火大会も捨てたもんじゃありません!

山形県内の花火大会は、も会場になりますし、もしかしたら地元の人しか知らないかもしれませんが、で打ち上げる花火もあります。

よくメディアなどで紹介されている花火大会の開催地は、酒田市、鶴岡市、大石田町、山形市です。

今回は、数ある花火大会の中から、花火の打ち上げ数が一番多いとされる山形市開催の「山形大花火大会」をご案内いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山形大花火大会 2023年開催情報!

◎開催日時
2023年8月14日(月)18:30~20:00(予定)
※小雨決行・荒天の場合は中止です。
当日のプログラムは、ざっくりな時間軸でのもにになりますが、こちらで確認する事ができます。
 ⇒「第44回 山形大花火大会プログラム」

◎打ち上げ数
15,000~20,000発
※こちらはコロナ禍以前のもので、今年の予定は公表されていません。

◎打ち上げ会場
山形市 / 霞城公園

◎有料観覧席 あり

◎駐車場 無

◎交通規制 あり
※まだ詳細図の公表はされていません。

◎露店 不明

山形大花火大会の打ち上げ会場と観覧会場

2022年より、打ち上げ会場が霞城公園へと変更されています。

有料観覧席は打ち上げ会場近くに設けられており、打ち上げ会場である霞城公園内は関係者以外立ち入り禁止となりますのでご注意ください。

加えて、無料自由席といったものは、特に設けられておりません。

まずは、打ち上げ会場と有料観覧席の場所を、地図にて案内いたします。

地図内にある「☆」のアイコンが打ち上げ会場となる霞城公園です。

観覧席エリアは、「✓」のアイコンで、青は県民ふれあい広場、紫はやまぎん県民ホール前イベント広場となっています。
※すべての表示が見えない場合は、地図内にある「-」ボタンを1回クリックしてみてください。

有料観覧席情報

上記地図でご案内したとおり、有料観覧席エリアは2か所あり、それぞれの設置内容と席数は、

  1. 県民ふれあい広場:A席(138席)、自由席(1200席)
  2. やまぎん県民ホール前イベント広場:ファミリー&ペアシート席(246席)

となっています。

言うまでもありませんが、当日は観覧チケットをお持ちの方のみ入場が可能となります。

観覧チケットの販売先と購入方法

観覧チケットは、楽天チケットにおいて先行販売された後、楽天チケット、ローチケ(ローチケサイト及びロッピー)、ファミリーマートでの一般販売が行われます。

◎先行販売
販売期間:2023年6月20日(火)10:00〜6月26日(月)23:59
販売先:楽天チケット(先着順の独占販売)

◎一般販売
販売期間:2023年6月27日(火)10:00〜8月14日(月)18:30
販売先:楽天チケット、ローチケサイト及びロッピー、ファミリーマート

各チケットの料金等は、楽天チケットで確認する事ができます。
 ⇒「第44回山形大花火大会」

ローチケの販売ページはこちら ⇒ 「第44回山形大花火大会 有料チケット一覧」
※Loppiからも購入可能です。

ファミリーマートは、ファミポートで検索してくださいとの表記がありましたので、お伝えいたします。

交通規制はあるの?

打ち上げ会場が「霞城公園」に変更されたことと、有料観覧席が打ち上げ会場とは別の場所に設置されていることからか、コロナ禍以前のような大掛かりな交通規制無いようです。

と・・・なんだかハッキリしない物言いになってしまいすみません。

公式HPを再三確認しているのですが、公道に規制がかかるという情報は見当たらなく、確認のため問合せもしたのですが、その返答が届かないという状況でした(汗;
(質問、再送してみようかな?www)

これは、個人的な推測なのですが、

  • 有料席近くまで車で行くとなると、近隣の有料駐車場を利用する必要がある
  • 霞城公園周辺などでの観覧はフリー(バス利用でもなんとかなる)
  • 会場からは離れるけれど、市内の高台からでも見える

などなどあって、以前のように多くのお客様を会場まで送るという必要が無くなったからではないかと思っています。


山形大花火大会は、歴史が浅いことも手伝って、ご存じの方もそう多くはないかもしれません。

ただ、その打ち上げ数(約2万発)は、隅田川の花火大会2会場分にあたる大規模なものです。
※コロナ禍以前の打ち上げ数となります。

お盆のさなかとはなりますが、みちのくは山形の花火大会で、素敵な夏の一夜をお過ごしいただければと思います^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました