当ブログ工事中につき、一部お見苦しい部分があることについて、お詫びいたします。

日本の風習

スポンサーリンク
十三参り

十三参りとは?時期はいつ?服装は着物じゃないとダメ?

子供が生まれてから成人を迎えるまで、その節々にお祝いの行事があります。その1つに「十三参り」があります。七五三のように、全国に広まっているものではありませんが、地域によっては、七五三以上に重要な行事となっています。そんな十三参りについて、解り易くまとめました。
日本の風習

花まつりとは?甘茶や白い像の由来は?2019年はいつ?

季節は春!桜も咲き始めてなんとなくウキウキしている頃、寺院では「花まつり」という仏教行事が行われます。仏教行事というと、お彼岸やお盆は馴染みが深いものではありますが、「花まつり」はご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は「花まつり」について、詳しくまとめてみました。どんな行事なのか?ということはもちろん!花まつりで利用される甘茶や、稚児行列に用いられる白象の由来も書いています。
日本の風習

針供養の由来とは?いつどの神社で行われるの?

古くから伝わる日本の風習の中には、時代の流れとともに下火になってしまっているものもあります。そんな風習のひとつに、針供養があります。今では、洋裁や和裁に携わっている方が行う行事となりつつありますが、過去には各家庭でも行われていました。そんな針供養とはどんなものなのでしょうか?針供養の行事や由来とともに、針供養の行われる主な寺社をご案内しています。
日本の風習

節分!食べる豆の数はいくつ?なぜ大豆なの?

節分といえば、やっぱり豆まきは外すことができません。ところで、豆まきに使う豆は、どうして大豆なのでしょうか?そして、豆まきの後には撒いた豆を拾って食べるわけですが、食べる豆の数はいくつがいいのか悩んだことはありませんか?そんな、豆まきの「豆」に関わる疑問を解決します^ ^
日本の風習

節分の柊鰯とは?いつまで飾るの?

節分と言えば、豆まきが定番かと思いますが、柊鰯(ひいらぎいわし)という風習があるのはご存知ですか?しめ飾りを正月飾りと呼ぶとしたら、柊鰯は節分飾りなのでしょうが、なぜ節分に柊と鰯を飾るのでしょうか?その由来や、柊鰯を飾る期間や処分方法など、柊鰯についてまとめました。
日本の風習

2019年 今年の恵方の方角は?その決め方教えます!

恵方巻き、今年はどっちを向いて食べたらいいの?と、節分が近づくと気になりだす恵方ですが・・・その決め方が解ります。この方法を知っていると、未来の恵方だって解ってしまいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました