梅雨の終わりを知らせる半夏生の日には
「タコ」を食べるという風習があります。

たこ鯖うどん

ちょっと待って!!

半夏生の食べ物といったら「鯖(さば)」じゃないの?

いやいや「うどん」でしょ!?


って・・・(汗;


半夏生の日の食べものは
地域によって違いがあります。


タコ・鯖・うどん

どう考えても、つながりの無いこの3つの食べ物が
なぜ?半夏生に食べられるようになったのでしょう?

それぞれの食べ物について
由来はもちろんのこと
食べ物の持つ効能も併せてお届けいたします。


名付けて「半夏生の食べ物の由来と効能シリーズ!」

第1回目は「タコ」です。


Sponsoerd link

半夏生にタコを食べる由来

半夏生にタコを食べる。
という風習は関西地方に根付いています。


田植えを終えたこの時期にタコを食べるという事には

  • 稲の根がタコの足のように四方八方にしっかりと根付きますように。
  • 稲穂がタコの足(吸盤)のように立派に実りますように。

という願いが込められていました。田んぼ②


梅雨明け前の半夏生の時期は
特に雨が多く降る時期でもあります。

雨が多いと、畑の土も流されたりします。

もしかしたら、稲だけではなく
すべての農作物の豊作を祈っていたのかもしれないですね。


タコの効能

タコには「タウリン」という栄養素が多く含まれています。

栄養ドリンクのテレビCMで
「タウリン配合」という言葉を耳にしたことはありませんか?

その「タウリン」です^ ^タコ

タウリンには

  • 疲労回復
  • 肝機能の強化
  • 高血圧の改善
  • 血液浄化作用
     (悪玉コレステロールの除去)
  • 心機能の強化
  • 視力改善

など、さまざまな効能があります。

さらに、タコには
味覚障害の予防血行促進作用のある
「亜鉛」も多く含まれています。

普段は、あまり気にかけないと思いますが
タコは身体にとてもいい食べ物なんです!


昔の人々は、タコの効能を知っていた。
と言い切ることはできませんが

田植えで疲れている時期にタコを食べた。

という事は、とても効果的だったのではないでしょうか。


ご存知ですか?タコの日!

半夏生の日からは離れますが
「タコ」つながりということで・・・^ ^;

タコ漁が盛んな広島県三原市では、
タコの足が8本あることにかけて
毎年8月8日「タコの日」と定めています。

当日は、さまざまなイベントが行われるだけでなく
タコの恵みに感謝する「タコ供養」が執り行われます。タコ供養

タコ供養は、
祭壇にタコの好物とされる
サツマイモを供えて焼香をします。

タコ供養の行われるこの日は、
タコ漁を営む人も食べる人も、
みんながタコに感謝する特別な日となっています。


あれ?

7月2日は???

タコの日じゃなかった?

と、思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。


確かに、ネット上では

7月2日は日本記念日協会で認定されているタコの日です。

という記述が多く見受けられます。

そうなんだぁ!と、実際に確認してみると
認定を受けている記念日にタコの日はありませんでした。

こうなると頭の中は…?????です!

もやもやを晴らしたかったので
協会に問い合わせたところお返事をいただきました。

いただいたお返事の内容は

確かに、7月2日はタコの日として認定されていて
さまざまな活動が行われていました。
でも、それは数年前までのこと。

諸事情あって、
記念日としての活動が継続できなくなったことから
登録が取り消されました。

というものでした。


なんとなく寂しい気持ちになったのは、言うまでもありません。



さて、次回は
「半夏生の食べ物の由来と効能シリーズ!」第2回

半夏生の日に食べる「鯖」についてお届けいたします。

どうぞ、お楽しみに☆

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事