夏もちぃ~かづく 八十八やぁ~♪

友達と向き合って、この歌を歌いながらお互いの手を合わせて遊んだ幼い頃・・・。

茶摘-min

昭和の時代のお話です。


きっと、今の時代の子供達は、こんな素朴な遊びは知らない事でしょう。


さてさて、お遊びの話は置いておく事にして、今回は「八十八夜」について掘り下げていきます。


sponserd Links


八十八夜の意味

八十八夜は、土用や彼岸と同じように、季節の変化の目安となる「雑節」のひとつです。

立春から数えて八十八日目をいい、毎年5月2日頃にあたります。

この数日後が立夏ですから、まさに「夏も近づく」日になります。

つまり、八十八夜は春から夏へ移り変わる節目の日なのです。


稲穂-min

「八十八」を重ねると「米」になるという話は、いつかどこかで聞いた事があるかもしれません。

その米を作る農家の人達にとって、八十八夜は特別な日でもありました。

八十八夜を境に気候が安定してくるため、農作業を始める事ができる縁起の良い日だったのです。

田んぼの苗代(なわしろ)を作ったり、作物の種を蒔いたり、野菜の苗を植えるなどの目安の日が八十八夜でした。

現在でも、八十八夜の日に「農作業の開始を祝う神事」を行う地域が残っています。


そして、この時期を表すことわざが「八十八夜の別れ霜」です。

霜の心配がなくなり、安定した気候が訪れるという意味があります。


※豆知識※
「八十八夜の別れ霜」に対して「九十九夜の泣き霜」ということわざがあります。

 気候が安定してくる八十八夜が過ぎ、立夏を向かえた後に降りる霜。
 いわゆる「遅霜」を表したことわざです。

 九十九夜は、5月13日頃になり、 ちょうど、作物の芽が出て育ち始める時期です。

 この頃に霜が降りると、農作物に大きな被害をもたらすことから「泣き霜」と呼ばれました。


八十八夜と茶摘の関係

ところで、八十八夜と聞いて浮かんでくるのは、やっぱりお茶ではないでしょうか?!

「夏も近づく・・」で始まる歌の歌詞には、「あれに見えるは茶摘じゃないか」とあります。

この影響があって、八十八夜といえばお茶というイメージが定着したと考えられています。茶葉-min

タイトルも「茶摘」ですから・・・。


日本では、年に3回茶摘が行われます。

  • 1回目は4月下旬~5月上旬
  • 2回目は6月下旬~7月上旬
  • 3回目は八月下旬

です。

1回目に詰まれた茶葉が一番茶となり、二番茶、三番茶と続きます。

もう、お気付きではないでしょうか?

一番茶を摘む時期が、ちょうど八十八夜の頃なんです^ ^

でもさぁ~、お茶の産地によって茶摘の時期がずれるんじゃない?と言われてしまえば、そこは否めないところでもあります。


八十八夜はいつ?

八十八夜は、立春から数えて88日目にあたります。

ということは?

立春の日によって、八十八夜の日も違ってきます。

今年、2018年の八十八夜は5月2日(水)、翌2019年も5月2日(木)となっています。




その昔、八十八夜のお茶は不老長寿の飲み物として、珍重されていました。

実のところ、一番茶は、栄養価も高く、旨み成分も多く含まれています。

科学の進んだ現代では、

「風邪やアレルギー、生活習慣病の予防などに効果のある飲み物」

として、注目されています。お茶-min


ちなみに・・・

新茶と一番茶は、言葉が違うだけで同じものを指しています^ ^


≪参考≫
 八十八夜のエトセトラ / 夏への扉…八十八夜
 八十八夜 / 日本文化いろは事典



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link