年賀状を出し損ねたまま迎えたお正月。

寒中見舞い

届いた年賀状を読みながら

返事を書かなくちゃ!と思っていたけれど

お正月休みはあっという間に過ぎていき

いまさら、年賀状ってなんだか・・・

という経験はありませんか?

そんな時は、慌てず騒がず、寒中見舞いを送りましょう。


sponserd Links

寒中見舞いとは?

寒さが厳しくなった頃に送る、季節の挨拶状の1つで
友人や知人の安否を気遣うとともに、こちらの近況を伝えるものです。

また、寒中見舞いには、このような使い方もあります。

  • 喪中の方へ、年賀状の代わりに出す挨拶状
  • 喪中と知らずに年賀状を出してしまった方へのお詫びとお悔やみ
  • 喪中で年賀状を出すことが出来なかった場合の年始の挨拶状
  • 喪中と知らずに年賀状をくれた方への報告とお詫び
  • 年賀状を出しそびれてしまった方へのご挨拶や遅れたことのお詫び
  • 年賀状を出さなかった方からいただいた場合のお返事



寒中見舞いを出す時期はいつ?

寒中見舞いは、文字の表すとおり
「寒中」に届くように出す季節の挨拶状のことを言います。

寒中とは、「小寒」と「大寒」の期間を指します。

つまり、小寒の最初の日から大寒の最後の日の間に・・・
といいたいところですが、ここで注意して欲しいのが年賀状です。

年賀状は1月7日まで(松の内)に届くものをいいます。

ということで寒中見舞いの時期は、
1月8日以降大寒の最後の日(立春の前日である節分の日)までとなります。

ちなみに、小寒は1月5日もしくは6日から始まります。


ご参考までに・・・
2017(平成27)年の寒中見舞いの時期は、1月8日~2月3日まで
2018(平成29)年同様となります。
 ※立春の日は、暫く2月4日が続きますが
  うるう年やその前後に動くことがありますのでご注意ください。


寒中見舞いの書き方

寒中見舞いには、
必ずこう書かなくてはいけない。という決まり事はありません。

とはいえ、一般的なパターンがあります。

①季節のあいさつ

  • 寒中お見舞い申し上げます。
  • 寒中お伺い申し上げます。

という決まり文句です。

②時候の挨拶(省略する場合もあります。)と
 先方の安否を気遣う言葉

  • 寒さ厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 寒い日が続いておりますが、
           皆様お変わりございませんでしょうか。
  • あなた様にはお健やかにお過ごしとのこと
           心よりお喜び申し上げます。

 などです。

 時候の挨拶と先方の安否を気遣う言葉は、
 続けて書くことで、スッキリした文章になります。

③年賀状のお礼や欠礼のお詫び、近況報告

  • おかげ様をもちまして私どもも皆変わりなく過ごしております。
  • ご丁寧な年始状をいただきありがとうございました。
  • 喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきました。

 などです。

④結びの挨拶

  • 厳冬の折から、何卒お身体を大切に過ごされますよう。
  • 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
  • 本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

 などです。

⑤日付

  • 平成○○年一月○日
  • (西暦)○○○○年一月吉日

 日付や吉日は入れなくとも大丈夫です。


寒中見舞いを書く時に注意すること

書き方には決まった定めが無い寒中見舞いですが、
書く場合に注意した方がいい事がありますので、参考にしてください。

  • 相手方が喪中の場合は
    賀詞やおめでたい言葉は使わないようにします。
  • 「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語不要です。
  • 年賀状は使用しません。

また、年賀状を出し損ねていた方へのお返事を書く場合には
「書き忘れた」などの言葉を使うと、
相手を不快にさせてしまう可能性がありますので
言葉遣いには注意を払うようにしましょう。





あのぉ~
 ・
 ・
 ・
 ・
これでおしまいですか?と、思っているそこのあなた!

もしや、寒中見舞いの文例をお探しでしたか?

それはそれは、申し訳ないことをしました m(_ _)m

ご要望の品に関しましては、別の記事でお届けしています。

右サイドにあるカテゴリの「寒中見舞い」をクリックするか
こちらから、ご覧ください。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link