前回は、「喪中はがきを出す際のマナー」として喪中(すずらん)

どんな場合にどういう人に出すのか?

をお届けしました。

前回の記事 
 ⇒ 「喪中はがきとは?出す際のマナーは?」

今回は、お約束どおり
喪中はがきの書き方についてお届けいたします。

sponserd Links


喪中はがきの書き方とマナー

喪中はがきには、何をどんな順番で書いたらいいのでしょう?

画像で例をご覧ください。

喪中はがき

それでは、順を追ってみていきましょう。

喪中であることを知らせる言葉

 ・ここでは「年賀」は使わずに、「年始」「年賀」「新年」とします。

 ・拝啓、敬具などの結語は不要です。

亡くなった方との続柄と
 亡くなった方のお名前、年齢、亡くなった日

 ・誰がいつ亡くなったのかと
  亡くなった方との続柄を記載します。

日頃のお付き合いへの感謝や先方の無事を祈る言葉
 新しい年のお付き合いや支援をお願いする言葉など

差出月

 ・一般的には11月、12月を選びます。
  先方に届く月を記載しましょう。

差出人住所・氏名

文章には句読点を使いません。注意しましょう。



続柄について

本人からみた故人との続柄の記載例は次の通りです。

【0親等】
 ・夫 夫、主人
 ・妻 妻、家内

【1親等】
 ・父      父、実父、義父
 ・母      母、実母、義母
 ・子供     長男、長女、息子、娘など
 ・夫(妻)の父 岳父、義父、父
 ・夫(妻)の母 義母、母

【2親等】
 ・両親の親      祖父、祖母
 ・孫         孫、孫息子、孫娘
 ・兄弟、姉妹     兄、姉、妹、弟
 ・配偶者の祖父、祖母 義祖父、義祖母
 ・配偶者の兄弟、姉妹 義兄、義弟、義姉、義妹



喪中はがきの文例

迷った時のご参考にどうぞ。

● 喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
  本年○月に父 ○○が○歳にて永眠致しました
  本年中の御厚情に深く御礼申し上げます
  明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます

● 喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます
  かねてより病気療養中の祖母○○が○月に○歳にて永眠致しました
  ここに本年中に賜りましたご厚情に感謝致しますと共に
  皆様に良き年が訪れますようお祈り申し上げます

● 喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます
  去る○月 母 ○○が○歳にて永眠致しました
  生前賜りましたご厚情に深く感謝いたしますと共に
  明くる年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます
  なお向寒の折から皆様にはご自愛のほどお祈りいたします





さて、いかがでしょう?

喪中はがきは、こんな風に書くということは
ご理解いただけましたでしょうか。

と、まとめに入って終わりではありません。


おそらく、こんな時、喪中はがきはどうしたらいい? とか

自宅で作ろうと思うんだけど・・・。 など

まだまだ疑問をお持ちではないでしょうか。

次回は、
喪中はがきについて多く寄せられる疑問をまとめて解決!
したいと思います。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link