古くから続く日本のお祭りは、
収穫
作物の収穫祭に基づくものが多いのですが、

このお祭りは、他とは違っています。


大阪で行われる
「神農祭」というお祭りをご存知ですか?

はい!というあなたは、
このお祭りの由来などは、ご存知かと思います。


でも、神様の「神」に、農業の「農」だから
本当は、農業が絡んでいるんじゃないの?

という風に考える方がいても、不思議ではありません。
でも、はっきり言って違います!


このような素朴な疑問は、さくっと解決していただきたいので、
早速ですが、神農祭の由来からご覧ください ^ ^

sponserd Links


神農祭の由来

「コレラ」という伝染病は、ご存知でしょうか?

近年、この病名を耳にすることは無くなってきていますが、
かつては、恐れられていた伝染病の1つです。

コレラが日本に入ったのは、1822(文政5)年のこと。
長崎を発端に、大阪まで広がり、多くの死者を出しました。

これが、日本で最初となる、コレラの大流行で、
大阪では、1日に3~400人の死者が出たといわれています。

コレラは、病にかかった人が、二三日でコロリと死ぬことから
「三日コロリ」と、呼ばれていました。

また、虎や狼が一緒になって来るような恐ろしい病気ということで
「虎狼痢(コロリ)という、当て字が生まれたほどです。


さて、この時代に、コレラの特効薬など、
存在するはずもありません。

治療法も分からない中でありながら、
道修町(どしょうまち)の薬種商が相談してを作り、
お守りと共に授与しました。

その薬は「虎頭殺鬼雄黄圓(ことうさっきうおうえん)」といい、
虎の頭骨など10種類の和漢薬を配合した丸薬でした。
 ※虎の頭骨は「鬼を裂く」といわれ、疫病除けとされていました。

お守りは?というと、
病名にも、薬にも「虎」の文字が当てられていたことから
「張子の虎」が用いられました。

張子の虎は、少名彦(すくなひこな)神社の神前で祈祷した印として
「薬」の文字を腹部に朱印し、五葉笹につるして授与されました。
※五葉笹=節のところから5枚の葉が出ている笹のこと


時は流れ、明治時代初期に「売薬取締規制」が制定されると
丸薬の配布は、廃止されました。

ただ、張子の虎は「神虎の守り」といい
無病息災のお守りとして、現在まで、受け継がれています。




さて、ここまで読み進めていただいたのであれば、

「神農祭の農は、農業の農ではない」

というところは、ご理解いただけたのではないかと思います。

あら?

もしかして、まだ「農」の文字への疑問は残っていますか?

それでは、どうぞ、この先へお進みください。


少彦名神社の歴史と神様

神農祭が行われる少彦名神社のある道修町(大阪市)は、
「くすりの町」と、呼ばれています。薬

なぜだか解りますか?

何も、難しいことはありません。
道修町は、薬屋さんが軒を多く連ねる町だったのです。


遡ること、安土桃山時代・・・

時の将軍、豊臣秀吉の商業政策により、
道修町に、108軒の薬種商が集められます。

これによって、道修町は、
薬問屋の町として形成されました。

江戸時代(徳川吉宗のころ)になると、
道修町の薬種商124軒を株仲間とし、ある特権を与えます。

それは、唐薬種や和薬種の適性検査をし、
全国へ売りさばくというもので、現在の卸売りにあたります。


この頃の薬は、長崎から輸入される唐薬種が主流で、
品質などを見極める事は、とても難しいものでした。

そこで、中国医薬の祖神とされる神農炎帝を、
仲間会所に祀っていました。
※仲間会所は、株仲間の事務所もしくは集会所のことをいい、
 道修町では、現在の少彦名神社の場所にありました。


その後、和薬種の取扱が増えると、
日本の薬の神様である少彦名命を、一緒に祀りました。

京都の五条天神から、少彦名命の分霊を迎えたのは、
1780(安永9)年のことです。

これが、少彦名神社の祭祀の始まりとなります。


やがて、1906(明治39)年になると、
勅命により、神社の統廃合政策が進められます。

俗にいう、神社合祀(じんじゃごうし)政策です。
※神社合祀政策:1町村1社を目指して行われた神社統廃合政策(神社整理)により
 各地で起こったさまざまな動きを総称する用語のこと。


当然、少彦名神社もその対象となり、
近隣神社と合併するか、独立するかの決断を迫られます。

氏子の方々が出した結論は、合併ではなく、
独立した神社として、祭祀を続けるというものでした。

社殿と社務所が新築され、1910(明治43)年には、
無事に、正遷宮(しょうせんぐう)を執り行いました。
※正遷宮=神社本殿の修繕や改築が完了し、神体を仮殿から本殿へ遷す神事

1980(昭和50)年には、「少彦名神社 鎮座200年」を記念して、
拝殿・本殿を修復、社務所を新築し、現在に至っています。




さて、もうお解りですね?!

神農祭の「神農」は、農業の神様ではなく、
中国の薬種神である「神農炎帝」に由来するものです。

なので、神農祭は「神農さん」と呼び親しまれているわけです。

最後に、今年(2016年)の、
お祭り情報をまとめておきますね♪


神農祭!2016年の日程

神農祭は、大阪の一年を締めくくる祭りであることから、祭
「とめの祭り」とも、呼ばれています。


◎開催日:11月22日(火)、23日(水・祝)

◎開催時間:10:00 ~ 20:00
      ※10時から祭典行われ、終了後にお神楽の奉納があります。
       18時から終い祭典が行われます。

◎イベント等:特にありませんが、神農祭の2日間は、
       道修町一帯に露天が立ち並びます。

◎場所:少彦名神社
    大阪市中央区道修町2丁目1番8号

◎アクセス:大阪市営地下鉄堺筋線「北浜駅」6番出口より徒歩3分
      大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」11番出口より徒歩8分

 

※注意!!
  淀屋橋駅11番出口は、現在改修工事のため閉鎖中です。
  (平成30年2月迄を予定)
  閉鎖中は、12番もしくは、13番出口をご利用ください。
  ご参考までに駅の構内図はこちらです。 ⇒ 「淀屋橋駅」


神虎の御守について

神虎の御守は、お祭り開催日の9:00~19:00に、
授与所にて、授かる事ができます。
神虎
とはいえ、慌てなくとも大丈夫!

お祭りが終わっても、
翌年の1月末頃までは、求める事ができます。

つまり・・・

  • お祭りには、都合が合わなくて行く事ができない とか
  • 御守は欲しいけど、人ごみが苦手だからお祭りはちょっと・・・

という場合は、お祭が終わった後に、
あなたの都合に合わせて、少彦名神社へ出向いて行けば大丈夫!ということです。




くすりの町に根付いている「神農祭」は、
毎年、家族の無病息災を願い、
神虎の御守を求める人で、賑わいます。

医薬品関係者にとっても、
重要なお祭りとなっています。

そして、少彦名神社は、薬の神様を祀っていることから、
医師や薬剤師など、その道を目指す多くの人が、合格祈願に訪れています。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link