正月飾り

門松やしめ飾り、そして鏡餅といった正月飾りは

歳神様をお迎えする準備として飾るもので

それぞれに飾る意味を持っています。

今回は「鏡餅」にスポットをあてて

その意味や飾り方

さらに、お飾りの持つ意味についてお届けします。


sponserd Links

鏡餅を飾る意味

お正月を迎えるために飾る飾りというイメージの強い鏡餅ですが
本来は、歳神様を迎えるために供えるお供物です。

鏡餅が丸い形は円満を、
2つ重ねるのはかさねがさねを表しています。
つまり、円満に年を重ねるという意味です。

お餅は、古くから神様に供える食物の1つで
古い時代のお正月には、毎年平たい丸い餅をお供えしていました。

年に一度訪れる歳神様にお年玉を与えてもらうためでした。

お年玉は「お年魂」で、
一年を力強く生きていくために必要な力の源です。

また、鏡餅には、お正月の間歳神様が宿るとも言われます。

供えていた鏡餅を、鏡開きの日に皆で食べることで
そこに宿った力を分けていただくと共に
一年間の健康や幸せを願います。


鏡餅の飾り方

時代によって移り変わってきた鏡餅の飾り方。
地域によっても違いが見受けられます。

鏡餅の正式な飾り方
白木の三宝(三方)に半紙を敷き重ねた丸もちを載せ
その周りに橙(だいだい)、裏白、昆布、ゆずり葉などと
縁起物の海の幸、山の幸を飾ります。

ご家庭で飾る場合は、基本を抑えておけば
この通りでなくとも大丈夫です。

【基本の飾り方】

1.三宝の上に紙(半紙や四方紅)の端が三宝から垂れるように敷きます。
2.裏白の葉の白い方を前に向けて乗せます。
3.その上にお餅(2段重ね)を乗せます。
4.お餅の上に橙を載せます。


市販されている鏡餅など、良く見かけるものは
このような形ですね。

鏡餅③

それぞれの名前は、

  • お餅を乗せる台が三宝
  • お餅の下に敷く赤い縁取りの紙は四方紅(しほうべに)
  • 緑の葉っぱが裏白(うらじろ)
  • 紅白で稲妻状に折られている紙は御幣(ごへい)
  • お餅のてっぺんには(だいだい)
  • その後ろにあるのが

になります。

ご家庭で、三宝が無い場合はお盆でもいいですし
橙が無い場合は、みかんで代用しても大丈夫です。

また、昆布串柿(干し柿を串にさしたもの)
海老などを飾る地域もあります。


お飾りとその意味

鏡餅のお飾りにも、それぞれに意味があります。
主なお飾りについて、1つずつ見ていきましょう。


橙は、その年になった実を落とさずに
次の年にも、また次の年にも新しい実をつけます。

一度なった実はおおよそ4~5年は落下しません。

何代もの橙が1つの木についているところを家族にたとえ
家系代々の長寿や繁栄を願う縁起物として飾ります。


扇の形は末広がりに通じるとされ
末永く繁盛しますようにという願いが込められています。


串柿

柿は「嘉来(かき)」(喜び幸せが来る)に通じる
縁起のいい長寿の木です。

幸せをかき集めるという意味があります。

通常10個(外側に2個、内側に3個と放して指したものが2つ)
飾られていますが、これは「外はにこにこ、仲むつまじく」
という語呂合わせになっています。


御幣

御幣の赤い色は、魔除けの意味があります。
また、白一色のものは、四手(しで)と呼ばれます。

四方に大きく手を広げ、繁盛するようにと願うものです。


海老

海老の姿かたちになぞらえて
腰が曲がるまで長生きするようにと祈るものです。


四方紅

四方を紅で縁取ることで、天地四方の神を拝し災いを払い、
一年の繁盛を祈願するものです。


裏白

裏白は常緑樹のシダで、葉が左右対称に生えるので
対になっているとことから、夫婦円満を意味します。

また、古い葉が落ちずに新しい葉が出てくることから
橙と同じように家族の繁栄を願う気持ちも込められています。

さらに、裏白の葉は、表が緑で裏が白いことから
心に裏表が無い「清廉潔白」を表すとともに
白髪になるまでの長寿を願うものです。


昆布

喜ぶの語呂合わせ
そして、子生(こぶ)(子供が生れる)の意味があります。




そういえば・・・
昆布って、市販の鏡餅のお飾りにも切り抜きでありましたよね。
近年見かけなくなったのはなぜかしら?

子供を育てにくい世の中になったから
何気に外されてしまったのでしょうか・・・?!

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link