灯りをつけましょぼんぼりにぃ~
お花をあげましょ桃の花ぁ~♪
内裏雛
3月3日はひな祭りです。
桃の節句とも言われています。

いわずと知れた、
女の子のお祭りです^ ^


お雛様って、
飾る時はお手伝いも楽しいけれど

いざ、仕舞うとなると、子供ながらに面倒で・・・

母親に窘められながら手伝った。

女性であれば、
そんな懐かしい思い出をお持ちはないでしょうか。


子供の頃は、ただただ楽しみだったひな祭り☆

そこにどんな由来や歴史があるのかはご存知ですか?


sponserd Links

ひな祭りの由来と歴史

ひな祭りは、日本の五節句の1つである
「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」にあたります。

五節句とは、1年に5回ある季節の節目の日をいい
その季節の収穫物などをお供えして
これまでの感謝とこれからの五穀豊穣を願った日でもあります。

雛人形を飾り、桃の花や白酒を供えて祝うひな祭りは、
上巳の節句の行事である「巳の日祓い」
人形を使った「ひいな遊び」
長い時間をかけて一つになったものになります。


ひな祭りは中国から伝わった?!

ひな祭りの起源は、
古代中国の「上巳節」にまでさかのぼります。

上巳には、3月上旬の巳の日という意味があります。


中国では上巳節の日に
川の水で身を清め不浄を祓う風習があります。

この風習は、秦の時代(西暦300年頃)から始まったとされており
その後催されるようになる、曲水の宴へと続いていきます。

曲水の宴は、
水辺で杯を流し、杯が流れ着く順に詩を詠み
杯が自分の前を通り過ぎるまでに
詩を詠むことができなければ、
罰として、杯に入ったお酒を飲むという風流な宴です。

水の精霊に対してのお祭りの1つとして
悪しき物を水に流して祓うという事が
宴に変化していったものと考えられています。


曲水の宴が、遣唐使によって日本に伝えられると
古くから日本にあった
形代(かたしろ)という身代わり信仰が上巳節と融合
上巳の節供として、日本独自の文化に発展していきます。


巳の日祓いとは?

平安時代の貴族が、
3月最初の巳の日に陰陽師をよんでお祓いをし
人形(ひとがた=紙を人の形に切ったもの)を川(海)に流し
無病息災を祈った行事を言います。

あの源氏物語にも
光源氏が海辺に出て陰陽師によってお祓いをし、
紙を切って人の形に作り、その紙で体中を撫で
病気やけがれをこの紙の人形に移して、
船に人形を載せて他界に流したというお話があります。
(源氏物語 須磨の巻)


また、中国には次のような話が残っています。

昔、漢の時代に徐肇(じょちょう)という男がいました。
3人の女児を儲けたにも関わらず、
3人とも3日以内に死んでしまいました。

その嘆き悲しむ様子を見た同じ村の人たちが酒を持ち、
3人の女児の亡骸を清めて水葬しました。

この話が巳の日祓いの起源になった。という説もあります。


そして、庶民の間でも・・・

実は、当時の庶民の間でも、
巳の日祓いと同じような行事が行われていました。

農耕民族の日本にとって、
3月(弥生の月)は、田植えが始まる大切な季節ですから
農耕を見守る神様をお迎えし祀りました。

農耕作に害となるものを祓うと共に、
身の穢れも流し浄める事が大切にされていたため、
人間の身代わりの人形(ひとがた)をつくり、
それで身体を撫でることで人形に穢れを移して、
その人形を流しました。流し雛

どうでしょう?
まるで巳の日祓いだと思いませんか?!


こういった風習は、時の流れを経て
「流し雛」の行事として定着していきました。


人形(にんぎょう)を使ったお遊び=ひいな遊び(雛遊・ひなあそび)

さて、現在の雛祭りを形作ったものには
「巳の日祓い」ともう1つ「ひいな遊び」がある
ということは、先に書いた通りです。


ひいな遊びは、平安時代の貴族子女の間で盛んに行われた
男女対の紙人形を使ったおままごとです。

もともと貴族の大人を対象とした遊びが
子供達の間に広がったものになります。

「雛」には、大きなものを小さくする
または、小さくてかわいらしいものという意味があり、
「ひいな」は「ひな」の古語です。


雛人形の誕生!

巳の日祓いの人形(ひとがた)と
ひいな遊びの紙人形とが結びついて
人の厄を受ける男女対の紙立雛が生れました。紙立雛

雛人形の誕生です。

この紙立雛が、
人形作りの技術の進化と共に
立派な雛人形へと変化し、それに伴って
流すものから飾るものへ
移っていきました。


そして、室町時代になると
豪華な男女一対の人形を贈答するという風習がおこりました。

人形を3月3日の夜は枕元に置いておき、
その翌日に、お寺や神社でお祓いをして雛収めを済ませ
翌年の3月にまた取り出すという習慣がうまれ定着したのはこの頃です。


ひいな遊びからひな祭りへ

京都でうまれたひいな遊びは、
時の流れとともに、江戸へと伝わります。

江戸の町で、ひいな遊びが庶民の間に広がり
3月3日に定期的に行われるようになったのは
だいたい寛永末期(1640年)頃といわれています。

その後、しばらく「ひいな遊び」と呼ばれていましたが
いつからか「ひな祭り」と呼ばれるようになりました。

呼び方が変わった年代は、
享保(1716年)以前といわれています。

雛人形(段飾り)

やがて、江戸幕府が、
上巳の節句を五節句のひとつとし
女の子の節句として定めると、
雛人形は華やかさを増していきます。

今では普通に見受けられる段飾りは、
江戸時代(中期)から飾られるようになったものです。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link