普段は仕事、仕事で
ろくに家にいる事も無いけれど
しっかり家族の事を考えているお父さん。父ごろ寝

それなのに、
たまの休みで家にいると、
邪魔者扱いされてしまう(T T)
ちょいと、かわいそうな存在だったり・・・。

そんなお父さんに、
日頃の感謝の気持ちは、ちゃんと伝える事ができていますか?

あ・・いやぁ・・・なかなか・・・(汗;

という方も多いかと思います。


「父の日」はご存じですよね^ ^

近年、クローズアップされてはいますが、
それ以前は、母の日の影に隠れた存在でもありました。

そんな父の日ですが、
どんな由来があるのかはご存知でしょうか?

また、父の日はいつなのか?ちゃんと覚えていますか?


Sponsoerd link

父の日の由来

父の日はアメリカから伝わってきました。

あれ?確か、母の日も・・・
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

父の日は、母の日が出来たことを知った
ソノラ・スマート・ドット(ジョン・ブルース・ドット夫人)が
母の日のように、父親にも感謝する日を!
牧師協会へ嘆願したことがきっかけで始まりました。

でも、ソノラはなぜ?父親にも感謝する日を設けて欲しい。
と思ったのでしょうか。

それは、彼女が育った環境に鍵がありました。

ソノラの父親は、軍人でした。
1861年、南北戦争が始まると、戦地へと召集されます。

父親の留守中、ソノラの母親は女手ひとつで
6人の子供を抱え、働きながら一家を支えていました。

1865年、南北戦争が終結し、父親が復員するとまもなく
母親は、それまでの過労が原因で亡くなってしまいます。

そこから、父親と子供6人の生活が始まりました。

なれない家事や子育ては、さぞかし大変だったことでしょう。
ソノラの父親は、再婚することも無く
働きずくめの日々を送り、子供たちが皆成人した後に亡くなりました。


南北戦争のあと、決して今のように豊かではなかったアメリカの地。
母親亡き後、父親が一人で育て上げた6人の子供たち。
その兄弟の末っ子が、ほかならぬソノラです。

母の日の情報を聞いて
父親にも感謝の日を!と思うのは、
当然といえば当然のことではないでしょうか。


ソノラが、父親にも感謝する日を作って欲しいと
牧師協会に嘆願したのが1909年。

翌1910年6月19日に、父の日の最初の祝典が開催されますが
一般に知れ渡るようになるまでには、6年の歳月がかかりました。

1916年の父の日の祝典で
アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが演説を行ったことで
広く知れ渡ったといわれています。

1966年にはアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが
父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めます。

父の日が、正式に国の記念日として制定されたのは
1972年のことです。


日本での父の日

日本で父の日が広まり始めたのは、
1950(昭和25)年頃からなのですが、認知度は低く
一般的な行事として知れ渡ったのは1980年代になります。

デパートなどが、
販売戦略の一つとして父の日をイベント化したことが
一般に広まったきっかけといわれています。


父の日はいつ?

父の日って母の日の次の月だよね。
でも・・・いつだっけ???

って、これではお父さんがかわいそうですよぉ~っ!

父の日カード

父の日は、毎年6月の第3日曜日です!

今年、2016(平成28)年は
6月19日が父の日です。

ちなみに・・・

2017(平成29)年は6月18日
2018(平成30)年は6月17日となっています。



ところで、母の日はカーネーションですが
父の日の花は何かご存知ですか?










うふっ♪
答えは、改めてお届けいたします^ ^

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事