月とうさぎ

うさぎうさぎ なに見てはねる

   十五夜お月さん見てはねる♪


「今日は十五夜だから、
お月様にお参りしてね。」

と・・・言われるままに

ススキやお団子をお供えして
お月様にお参りをした子供の頃。


お月見は日本に古くからある風習の1つですが
意外と解らないことだらけではないでしょうか?

Sponsoerd link



お月見の由来

古くから民衆の間では、お月様を神聖な神とあがめ
夏の収穫がほとんど終わり、農作業の手のすく時期に
稲の豊作を祈るお祭りを行っていたと言われています。

また、稲の豊作祈願ではなく、
芋類の収穫祭を行ったとする説もあります。


十五夜にお月見をする風習は、
中国の「中秋節」という習慣が
奈良~平安時代に日本に伝えらたものです。


当時は宮中で月見の宴がとり行われ
名月を和歌に詠むなどして楽しんでいました。

これが、江戸時代になると一般庶民の間に広まり
もともと行っていた豊作祈願(収穫祭)と融合しました。



中秋の名月と仲秋の名月 正しいのはどっち?

お月見をする日のお月様を

「ちゅうしゅうの名月」といいますが、

「中秋」と書いてあると思えば

「仲秋」と書いてあったりもします。


読み方は同じでも、

微妙に違う2つの「ちゅうしゅう」の意味についてまとめました。



仲秋について

仲秋は、旧暦で秋にあたる期間の真ん中の月を指します。

旧暦では、7月、8月、9月が秋の期間で
それぞれ孟(もう)秋、仲秋、季秋と呼ばれています。
※孟は「はじめ」季は「末」を意味します。

つまり、仲秋は旧暦の8月を表す漢字です。



中秋について

中秋も秋の真ん中だから、同じじゃないの?
当然、そういう疑問も起きるでしょう。

確かに、秋の真ん中を表す漢字には違いありませんが
仲秋が秋の3ヶ月間の真ん中の月を表したのに対し
中秋は、ピンポイントで秋の真ん中の日を表しています。

もう、解りますね!

中秋は、旧暦8月15日を指す漢字になります。



結論は?

お月見をするのは、旧暦8月15日ですから

「ちゅうしゅうの名月」

「中秋の名月」と書くのが正解です。


旧暦8月に見えるお月様は、すべて「仲秋の月」ですから
「中秋の名月」は「仲秋の月」の中の1つにあたります。





かわいすぎるっ☆

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link