現在、当ブロブのリニューアル工事を行っているため、一時的な不具合や、一部お見苦しい部分があり、ご不便をおかけしているかと思います。状況解消まで、今しばらくお待ちいただきたくお願いいたします。
スポンサーリンク

二十四節気 春分の意味とは?どんな季節なの?2018年はいつ?

冬の寒さも少しずつ遠のいて、春分(桜)-min早咲きの桜が満開を迎えるところがあれば、北国ではやっと春が見え隠れし始める。

そんな頃、二十四節気では春分を迎えます。


春分と聞いて、思いうかぶのは春分の日かもしれません。

祝日にもなっていますから、きっと馴染みが深いかと思います。

春分の日が祝日になった経緯は、こちらの記事をご覧いただくとして・・・
 ⇒ 「春分の日とは?その年で変わるのはなぜ?決め方は?」

ここでは、春分という一つの節気について、その意味や表す季節をお届けいたします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

春分の意味

二十四節気を解説する際に、良く用いられているのがこよみ便覧です。
 ※「暦便覧」と記載されることもありますが、正式名称は「こよみ便覧」です。

この本は、江戸時代に出版されたものですが、二十四ある節気それぞれの解説が書かれています。

ざっくりいうと、こういう時期だからこう呼ぶんだよという説明書きです。

春分をこよみ便覧で見てみると
「日天の中(ちゅう)を行て昼夜とうぶんの時なり」
とあります。
 ※ご確認はこちらへどうぞ ⇒ 「こよみ便覧」

ここでの「日」は太陽で、天の中の「中」は、真ん中です。

特に難しい言葉もないので、なんとなく通じるのはないでしょうか。

つまり、
冬至太陽-min (1)
太陽の軌道が天の真ん中を通るので、昼と夜が当分になる時(だから春分)である

ということです。

太陽の軌道を解り易く示している画像を、右側に置いておきますね^ ^


春分の日と期間について

先にも書きましたが、春分の日は祝日にあたります。
春分の日(カレンダー)-min
「祝日=お休み」ということもありますから、気に留める方も多いのではないでしょうか。

しかも、カレンダーには、赤い文字で春分の日と明記されており一目瞭然です。

では、その期間はいつからいつまでなのかというと、春分の日から次の節気である清明(せいめい)の前日までとなります。

ちなみに、2018(平成30)年の春分の日は3月21日、その期間は、3月21日~4月4日までとなっています。


春分の季節

さて、ここからは、七十二候を用いて春分の季節を見ていこうと思います。

七十二候は、1つの節気を3つに分けて、それぞれに季節を表す言葉を当てたものです。

二十四節気よりも細かい期間を、より解り易い言葉によって、その季節を表現しています。


春分 初候 雀始巣

「雀始巣(すずめはじめてすくう)すずめ-min

雀が巣を作り始める季節を表しています。


雑食系の雀は、やっと実った稲穂をついばんだりするので、農家の方にとっては迷惑な鳥かもしれません。

でも、春から夏にかけては、害虫を食べてくれるありがたい鳥でもあります。

また、人の住む近くにしか住まないという珍しい習性も持っています。

そんな雀が、繁殖期を迎えるために巣作りを始めるのがこの時期です。


また、たんぽぽの花が咲き始めるのもこの頃です。

道端に黄色いたんぽぽを見つけると、春なんだなぁ~と感じたりはしませんか?

そろそろ春?と、春をおぼろげに感じる季節から春なんだ!と、実感できる季節へと移り行く
春分の初候は、そんな季節のように感じます。


春分 次候 桜始開

「桜始開(さくらはじめてひらく)桜7-min

桜の花が咲き始める季節を表しています。


日本人に古くから親しまれてきた桜の花。

今でもその時期になると、多くの人が桜の花を求めて、あちらこちらに出向きます。

きっと、毎年のお花見を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

満開の桜は見ごたえがありますが、風に吹かれて散る桜も、またいいものです。


ところで、桜にはいくつかの別名があることはご存知ですか?

その一つが、夢見草(ゆめみぐさ)です。

おそらく、夢を見ているような花とでもいう意味なのでしょう。

桜の花は、咲き始めて満開になったあと一度散り始めると、あっという間に葉桜になってしまいます。

咲いている期間も、1年365日で考えると、かなり短いものではないでしょうか。

美しく咲いたと思うと、程なくして、儚く散り行く桜だからこそ夢を見ているようだという比喩を用いたのでしょう。

夢見草・・・
桜の花にピッタリの別名だと思いませんか?


春分 末候 雷乃発声

「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
雷雲-min
遠くで雷の音が聞こえてくる季節を表しています。


雷と聞くと、夏のイメージが強いのではないでしょうか。

ピカッ!ゴロゴロゴロ・・・・
ザーーーーーーッ!!!

というのは良くあるパターンですが、この時期の雷は、それほど激しいものではありません。

あれ?雷??? 

そう思って耳を澄ませても、すぐに止んでしまいます。

ただ、雷は雨を連れてくるという点に違いはなく、雨ならまだしも、雪や雹(ひょう)が降ることもあります。

春先に雹が降ると、農作物を傷つけてしまいますから、生産者の方にとっては迷惑な雷かもしれません。

雷の音を聞いて、春なんだなぁ~と思うより、頼むから雹なんて降らないでよ!という気持ちになるでしょう。

消費者側からしても、後の野菜高騰などを考えると、決してありがたいものではないように思います。

こんな風に書くと、雷さんがちょっとだけかわいそうにもなってきますが・・・

春の雷は「春雷(しゅんらい)と呼ばれ、春を表す季語として用いられます。

また、立春を過ぎてから初めて鳴る雷のことを「初雷(はつかみなり)と呼ぶそうです。




この頃は、天候もまだまだ不安定です。

ポカポカ陽気の日が続いたかと思うと、急に冷え込む日があったりもします。

この冷え込みの事を、桜の花が咲く頃の一時的な冷え込みということで、花冷えと呼んでいます。

とても美しい表現ですね^ ^



≪参考≫
 旧暦で楽しむ日本の四季 二十四節気と七十二候 / 別冊宝島編集部編
 こよみ読み解き事典 / 岡田芳朗・阿久根末忠編著
 春分 / 暦生活



コメント