当ブログ工事中につき、一部お見苦しい部分があることについて、お詫びいたします。
スポンサーリンク

小正月に小豆粥を食べる由来とは?簡単レシピもどうぞ!

旧暦の正月として、今も受け継がれている「小正月」

豊作祈願の餅花や、お正月飾りを焼く左義長などの行事も、各地域それぞれの形で行われています。

さて、ここで、質問です!

小正月に食べるといいとされる行事食は何なのか、ご存知ですか?

小豆粥-min

ひらがなで五文字の食べ物なのですが・・・

そ、れ、は、




あ・ず・き・が・ゆです。

小正月には、古くから小豆粥を食べる風習がありましたが、なぜ?この時期に小豆粥を食べるようになったのか?その由来をお届けいたします。

さらに、行事食の小豆粥を作りたいけれど・・・(汗;というあなたのために、簡単レシピもご用意しました。

まずは、小正月に小豆粥を食べる由来からご覧ください^ ^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小正月に小豆粥を食べる由来

古来中国では、疫病神を祓うため、冬至に小豆粥を食べるという風習がありました。

中国の古書「荊楚歳時記(けいそさいじき)」には、「冬至の日、日の影を量り、赤豆粥を作りて以てやまいはらう」と、記されています。

さらに、「正月十五日、豆糜とうびを作り、油膏ゆこうを其の上に加え、以て門戸を祀る。」とあり、正月15日にも、豆粥が作られていたことが解ります。
※豆糜:豆粥のこと。糜=粥

このような風習が日本に伝わると、平安時代には宮中行事となりました。平安時代③-min

平安時代の「延喜式(えんぎしき)」には、正月15日に小豆粥を食べると、一年間の邪気を祓い、万病を除くという記載があります。
※延喜式:律令制における法令の1つで、 律・令・格・式の格式にあたるもの

その他に、紀貫之の「土佐日記」や清少納言の「枕草子」などにも、小豆粥についての記述が残っています。

延喜式によると、小正月の宮中では、七種粥ななくさがゆが食され、一般の官職には米に小豆を入れた粥が振舞われたそうです。
※七種粥-米、粟、小豆、胡麻、稗、きび、みのごめ(ムツオレグサ)を入れたお粥

小正月の小豆粥が庶民の間に浸透したのは、五節句が定められた、江戸時代の頃と言われています。

ところで、お粥に入れられたのは、どうして「小豆」だったのか、不思議ではありませんか?

その秘密は、小豆の持つ「赤色」にあります。

あずき-min

古来、中国や日本など東アジアの国での「赤」は、生命や炎を象徴する色であると共に、悪霊や不浄を祓う霊力を持つ色でもあると、考えられていました。

さらに、古代日本では、飲食物の中に霊力や呪力がこもっているという考えもあり、そういった食物を食べることで、その力を内に取り込むことが出来ると信じられていたのです。

だからこそ、小豆粥の風習が、定着したのではないでしょうか。

小正月という年の節目に、小豆粥を食べて厄を祓うことで、一年を、健康で無事に過ごすことができますように!きっと、そんな願いが込められていたのだと思います。


さて・・・長らくお待たせいたしました。

小豆粥を作りたいけれど、お粥は面倒で(汗;というあなたのために、小豆粥の簡単レシピをお届けいたします。

小豆粥の簡単レシピ!

小豆粥を本格的に作ろうとすると、
お米を土鍋でコトコト・・・
小豆を下茹でして、頃合いを見計らって加えて・・・
と、時間と手間がかかります。

その時間と手間は、サクッと省いてしまいましょう!

まず、小豆の下ごしらえは、市販のゆであずきを利用することで手間を省くことができます。

「赤飯用」のものであれば、ゆで汁も入っているので便利です。

そして、土鍋の変わりに炊飯器を使います。炊飯器-min

最近の炊飯器は、とっても賢くて「おかゆコース」なるものが備わっています。

せっかく文明の利器があるのですから、使わない手はありません♪

炊飯器で作る小豆粥のレシピ(2人分)

【材料】

  • お米     0.5合
  • ゆであずき  ゆで汁込みでお玉で2杯程度
  • 塩      少々

【作り方】

  1. ゆであずきは、あずきとゆで汁に分けておきます。
  2. お米は研いで、軽く水を切っておきます。
  3. 炊飯釜に、研いだお米、ゆで汁を入れ、
    お粥の分量の線に合わせて、水を入れます。
  4. 塩を少々入れたら、おかゆコースでスイッチオン!
  5. 炊き上がったら、すぐに分けておいたゆであずきを入れます。
  6. 5~10分蒸らしたら、かき混ぜて出来上がりです。

いかがですか?

この方法なら、火加減に悩むことも無く簡単に作ることが出来ます。


が・・・もう1つ!

残りご飯を利用すると、もっと簡単に作ることができます!

ご飯で作る小豆粥のレシピ(2人分)

【材料】残りご飯-min

  • ご飯     180g(茶碗約1膳分)
  • ゆであずき  40g
  • ゆで汁    大さじ4
  • 水      2カップ
  • 塩      少々

【作り方】

  1. 鍋にご飯と水を入れて、中火にかけます。
  2. お米が膨らんで、粥状になったら、ゆであずきとゆで汁を加え混ぜ合わせて温めます。
  3. 火を止めたら、塩を一つまみ入れて混ぜると出来上がりです。

わざわざお粥を炊くと、今あるご飯が残っちゃう(汗;という時には、この方法が断然いいかと思います^ ^

もし、ゆずがあれば、トッピングにどうぞ♪
おススメです。

また、焼いたお餅を入れてもおいしいですし、付け合わせには漬物も相性がいいですよっ☆

≪参考≫
 アズキとぼたもちの神秘力 / 食文化史研究家 永山久夫
 「小正月」の「七種粥」と「小豆粥」の風習 =春の七草・春の七種=
   / みんなの知識 ちょっと便利帳
 赤飯と小豆粥-小正月に寄せて / 川野明正の研究室


コメント

タイトルとURLをコピーしました