当ブログ工事中につき、一部お見苦しい部分があることについて、お詫びいたします。
スポンサーリンク

山形花笠まつりの会場は?観覧席は?

山形花笠まつりは、毎年8月3日、4日、5日に開催されます☆

花笠まつり2-min

と・・・

開催日については、あちらこちらとしつこいくらいに書いていますから、そろそろ覚えていただけたのではないでしょうか?

今回は、山形花笠まつり会場観覧席をご案内いたします。

開催日が解っても、会場が解らなくて迷子になったら困りますから^ ^; なぁ~んて・・・見ていただいたら解りますが、迷うほど複雑な場所でもありません。

どうぞ、この先でご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山形花笠まつりの会場はどこ?

山形花笠まつりパレードは、国道112号線を利用して行われます。

会場となる区間は、山形市十日町~本町~七日町を通り抜け、旧山形県庁公舎の「文翔館」がゴール地点です。

この区間の国道112号線は一直線で、文翔館に突き当たるように走っており、文翔館前がT字路になっているためゴール地点には最適の場所となっています。

会場となる区間は、以下の地図でご確認ください。

地図上の青い直線(A~B)区間の車道が、山形花笠まつりパレード会場です。

山形花笠まつり会場へのアクセスは?

ここでは、遠方より公共交通機関を利用した場合の最寄り駅(もしくはバス停)から、花笠まつりパレードスタート地点までの所要時間をご案内いたします。

JRをご利用の場合

◎「JR山形駅」より徒歩10分

バスをご利用の場合

◎都市間バス(大阪、東京、仙台、新潟、酒田、鶴岡発)「山交ビルバスターミナル」下車、徒歩約5分

飛行機をご利用の場合

◎「山形空港」→(バス約30分)「山交ビルバスターミナル」下車 → 徒歩約5分

山形花笠まつりの観覧席は?有料観覧席情報も!!

山形花笠まつりの観覧席は、花笠パレードが通る車道を挟む歩道がメインになります。

そんなわけで、お花見の場所取りほど大げさではありませんが、早い時間から車道に近い位置を陣取っているも見受けられます。

が・・・

自分のみやすい場所(見たい場所)を、歩きながら探すというのが通常のパターンです。

この辺がいい!という場所を見つけたら、たとえちょっと後ろの位置だったとしても、その場所から動かずに、しばらく待ってみてください。

最初から最後まで見ているという人は意外と少ないので、前方の人が場所を離れることが間々ありますから、その隙をついて前に出るというのも、いい場所で見るための1つの手段です^ ^

とはいうものの・・・やっぱり人込みを気にしないで座って見たいと思うのは、当然のことかと思います。

先にある、会場の場所をご案内した地図をご覧ください。

パレードコースを表す青いラインのB地点付近に、赤いラインが被っているのを見て取れるかと思いますが、この赤い部分が有料観覧席の場所となっています。

山形花笠まつり 有料観覧席情報!

有料観覧席は、花笠パレードの終着点手前に設けられており、A席1500円、B席1000円すべてパイプ椅子席です。
※一部バリアフリー席となっています。

席数は、山形花笠まつり開催期間中の各日380席で先着順の販売となります。

詳しい有料観覧席の場所は、こちらでご確認ください。
 ⇒「花笠まつり一般有料観覧席図面」

続けて、販売情報をご案内いたします。

【販売期間】
令和元年7月1日(月)10:00 ~ 8月6日(火)
※販売期間中であっても、満席となった時点で販売終了となります。

【取扱プレイガイド】
①チケットぴあ ⇒ 山形花笠まつり
iconPコード:639748
電話申込:0570-02-9999

②ローチケ ⇒ 「第57回山形花笠まつり」
Lコード:23046
電話申込:0570-084-002

最後に・・・

山形花笠まつりには、もともと有料観覧席がありませんでした。

なので、遠方からお越しになる方には、観覧席付きのツアーをお勧めするしかなかったですし、地元の人は自分で場所を確保するのが当たり前だったんです。

有料観覧席ができたことで、遠い近いにかかわらず、人ごみの中を歩いて場所を探すのが面倒だとか、小さなお子様やご年配のご家族とお出かけになる場合でも確実に座って観覧することができるので安心だなぁ~と思っているところです。

≪画像提供≫ 山形県花笠協議会

コメント

タイトルとURLをコピーしました