夏至の日は、一年でお昼の時間が一番長い日
ということで知られています。

夏に至ると書いて「夏至(げし)なのですが、
梅雨時期のちょうど真ん中あたりにやってきます。あじさい


この時期に、夏に至ると言われても
「夏ってまだなのに・・・」
と、思ってしまうかもしれません。

旧暦だから。
と、いってしまえば、それまでなのですが・・・。

今回は、知っているようで良く解っていない
「夏至」について、まとめてみました。

sponserd Links


夏至とは

夏至は、二十四節気の1つで、10番目の節気になります。

本来は、太陽が夏至点を通過する時刻を指していて、これを含む日が夏至の日です。また、夏至の日から小暑までの期間をさして、夏至という場合もあります。

※夏至点と冬至点
1年に2回、天球上で太陽の赤道面からの距離が最大になる瞬間を、至点といいます。
至点では、太陽の赤緯(天球の緯度)の増減が止まり、最大または最小の値に達します。
太陽の赤緯が最大となる点を夏至点、最小となる点を冬至点と呼びます。



夏至の日は、毎年6月21日前後にあたります。この日が、一年のうちで昼間の時間が一番長くなるということは、ご存じのとおりです。

お昼の長さを冬至の日と比べると、5時間弱も違いがあります。


ここで、旧暦に目を向けてみましょう。

旧暦では、4月~6月を夏の期間としていて、夏至の日は5月に訪れていました。このあたりを考えると、夏に至るで夏至と呼ばれている事も、なんとなく解るような気がします。


夏至の日の決め方

現在では、一般的に「定期法」といわれる方式で計算し、求められています。

今年、2017年6月21日、翌2018年も6月21日となっています。

定期法というのは・・・なんて、専門的な話をしたところで、頭がモヤモヤするだけかと思うので(実は筆者もそうなんです^ ^)こうやって求めているんだよぉ~!という、解りやすいものが無いかな?と調べてみました。

そうしたら、出てきましたよぉ~!こんな数式を発見しました。

夏至の日 = INT(22.2776+0.241669*(Y-1900))-INT((Y-1900)/4))
 ※「Y」は、夏至の日を求めたい年の西暦。
  「INT」は( )内の小数点以下を切り捨てる。

これなら、エクセルで簡単に計算することが出来ます。ちなみに、この数式は2099年まで有効ということでしたので、試しに2019年~2028年の10年分を計算してみました。

すると、2019年2023年6月22日で、他の年6月21日という結果になりました。

ご参考までに・・・。



夏至の日の風習や食べ物そして行事

さて、冬至には、ゆず湯に入ったり、小豆かぼちゃを食べたりという、日本全国に通じる風習行事食がありますが、夏至には、そこまで浸透している風習はないようです。

ただ、一部地域に残っているものもがありますので紹介します。

  • 関東地方 ⇒ 新小麦で焼き餅を作って神に供える
  • 島根県、熊本県の各郡 ⇒ 小麦で団子やまんじゅうを作って神に供える
  • 大阪近郊 ⇒ タコを食べる(夏至から半夏生まで)
  • 京都府 ⇒ 水無月という和菓子を食べる
  • 愛知県 ⇒ 無花果田楽を食べる


タコを食べるのは、夏至が田植えの時期に来ることもあり、タコの八本の足のように、稲の根が八方に深く根を張るように。という祈りをこめたものだそうです。

あれ?と思ったあなた!さすがです。タコといえば、半夏生ですね?!

半夏生は、夏至の期間中に訪れる雑節になります。半夏生とタコの詳しいお話しは、こちらの記事をご覧ください。
 ⇒「半夏生にタコを食べる理由とは?タコの日って何?」
 
個人的に気になったのが、無花果田楽です。生やシロップ煮にしたものは、食べた事があるのですが、味噌田楽にしたらどうなるんだろう?と・・・。

写真とレシピがあったので、ご紹介します。
 ⇒ 「いちじく田楽」(JAあいち経済連のページへ飛びます。)


夏至祭

「夏至」は日本だけのものではありません。世界にも通じており、ヨーロッパの各地では、夏至の日に「夏至祭」が開かれます。

とは言え、わざわざ海外まで行ってとは、なかなか行かないところかと思いますが、日本に居ながらにして、ヨーロッパの夏至祭りを楽しむことが出来る場所があります。

この他に、長野県須坂市峰の原高原では「峰の原高原 夏至祭」としてオープンペンションやジャズコンサートなどのイベントが行われます。


ここで、忘れて欲しくないのが日本の夏至祭です。日本には、古くから伝わる伝統行事としての夏至祭があります。それが「二見興玉神社」夏至祭です。

夫婦岩で有名な、三重県鳥羽市にある二見興玉神社では、夏至の日の早朝から夏至祭として禊の祭典が行われます。詳細については、別の記事にて届けしています。



≪参考≫
 夏至 / ピクシブ百科事典
 二十四節気 / 日本の行事・暦



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link