夏至の日は、一年でお昼の時間が一番長い日
ということで知られています。

夏に至ると書いて「夏至(げし)なのですが、
梅雨時期のちょうど真ん中あたりにやってきます。あじさい


「夏ってまだなのに・・・」
と、思ったりすることはありませんか?

旧暦だから。
と、いってしまえば、それまでかもしれません。

今回は、知っているようで良く解っていない
「夏至」について、まとめてみました。

Sponsoerd link



夏至とは

二十四節季の1つで、太陽が夏至点を通過する時刻をいい、
これを含む日が夏至の日です。

また、夏至の日から小暑までの期間をさして、夏至という場合もあります。

※夏至点と冬至点
1年に2回、天球上で太陽の赤道面からの距離が最大になる瞬間を、
至点といいます。
至点では、太陽の赤緯の増減が止まって、最大または最小の値に達します。
太陽の赤緯が最大となる点を夏至点、最小となる点を冬至点と呼びます。



夏至の日は、毎年6月21日前後にあたり、
一年のうちで昼間の時間が一番長くなります。

冬至の日と比べると、お昼の長さが5時間弱も違います。

また、旧暦で見た場合、夏至の日は5月に訪れていました。
旧暦では4月~6月が夏になります。

このあたりを考えると、夏に至るで夏至(げし)と呼ばれるのも、
なんとなく解るような気がします。

夏至の日の決め方

現在では、一般的に「定期法」といわれる方式で計算し、求められています。

今年、2016年6月21日、翌2017年も6月21日となっています。

こうやって求めているんだよぉ~!という、
解りやすいものが無いかな?と調べていたら、とある数式を発見しました。

夏至の日 = INT(22.2776+0.241669*(Y-1900))-INT((Y-1900)/4))
 ※「Y」は、夏至の日を求めたい年の西暦。
  「INT」は( )内の小数点以下を切り捨てる。

この数式は、2099年まで有効ということでしたので、
試しに2018年~2027年の10年分を計算してみました。

すると、2019年2023年6月22日で、
他の年6月21日という結果になりました。

ご参考までに・・・。



夏至の日の風習

冬至には、ゆず湯に入ったり、小豆かぼちゃを食べたりという、
日本全国に通じる風習行事食がありますが、夏至にはないようです。

ただ、一部地域に残っているものもありましたので、紹介します。

・関東地方 ⇒ 新小麦で焼き餅を作って神に供える
・島根県、熊本県の各郡 ⇒ 小麦で団子やまんじゅうを作って神に供える
・大阪近郊 ⇒ タコを食べる(夏至から半夏生まで)
・愛知県 ⇒ 無花果田楽を食べる

タコを食べるのは、夏至が田植えの時期に来ることもあり、
タコの八本の足のように、稲の根が八方に深く根を張るように。
という祈りをこめたものだそうです。

ちょっと気になったのが、無花果田楽です。おいしいのかな?と・・・。

写真とレシピがあったので、ご紹介します。
 ⇒ 「いちじく田楽」(JAあいち経済連のページへ飛びます。)


夏至祭

「夏至」は日本だけでなく、世界にも通じているもので、
ヨーロッパの各地では「夏至祭」が開かれます。

日本でも、ヨーロッパに由縁がある北海道石狩郡当別町(スウェーデン)、
長野県南佐久郡小海町(フィンランド)で、夏至祭が行われています。

他に、長野県須坂市峰の原高原でも、
「峰の原高原 夏至祭」としてオープンペンションや
ジャズコンサートなどのイベントが開催されます。

そして、忘れてはいけないのが、
日本の伝統行事である「二見興玉神社」の夏至祭です。

夫婦岩で有名な、三重県鳥羽市にある二見興玉神社では、
夏至の日の早朝から夏至祭が行われます。

こちらの詳細は、改めてお届けいたします。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link