梅雨があけて暑くなってくると、時期ですねぇ~。


えっ?何の時期かって???



ほら、あれです、あれ!

暑い時期に出す、あの「挨拶状」の時期です。




さて、ピン!とひらめいたでしょうか?暑中見舞い


そうです。「暑中見舞い」送る時期です。

最近は、年賀状もそうですが、
メールで済ませるというパターンが増えてきました。

そのせいで、はがきで時候のご挨拶を送ることが、
減ってしまっています。


確かに、メールの方が便利で簡単かもしれません。

ただ、手書き(手作り)のはがきには、
メールには無い重みや温かみがあります。

それが、受け取った方にも伝わるので、
とても嬉しい気持ちになるものです。

時には、はがきで暖かい気持ちを届けてみませんか?


Sponsoerd link



暑中見舞いを送る時期はいつ?

暑中見舞いや年賀状を始めとする季節の挨拶状は、
送る時期が決まっています。

暑い時期だから暑中見舞いを送ろうと思ったけれど、8月も半ばだった。
というのであれば、残暑見舞いに変わりますから注意が必要です。


暑中見舞いを送る時期は、
二十四節季の「小暑」から「立秋」の前日までになります。

2016年は、7月7日(小暑)~8月6日(立秋(8月7日)の前日)です。

翌年(2017年)も、7月7日~8月6日と同じ時期になっています。

8月6日頃は、まだまだこれから暑さが続くという時期ですので、
うっかり!とならないように、注意しましょう。


暑中見舞いの書き方

暑中見舞いは、季節の挨拶状のひとつで、特に決まった形式はありません。

年賀状のように、宛名の上(切手の下)のところに「年賀」と
朱記しなくてはいけない。という決まりごともありません。


暑中見舞いの一般的なパターンは、以下のとおりです。

  1. 季節の挨拶
     「暑中お見舞い申し上げます。」
  2. 先方の安否を伺うことばや日ごろの無沙汰をわびる言葉の後に、
    自分の近況を伝える内容を書きます。
  3. 最後に、先方を気遣う(健康や息災を祈る)言葉で締めくくります。
  4. 日付
     「○○年○月」「○○年 盛夏」など

という具合です。



暑中見舞いの文例

  • 挨拶文の後の言葉
  •  ・暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
     ・暑さ厳しき折、皆様ますますご健勝のことと存じます。
     ・梅雨が明けて夏本番となりましたが、お元気ですか。
    など

  • 締めくくりの言葉
  •  ・暑さ厳しき折、
      お体にはくれぐれもお気をつけくださいますようお願い申し上げます。
     ・この暑さは、まだしばらく続きそうです。
      皆様、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
     ・まだまだ暑い日が続きますので、
      お体には十分気をつけてお過ごしください。
    など


    暑中見舞いへのお返事は?

    先に、暑中見舞いをいただいた場合は、お礼状を出すのが礼儀です。

    あまり日を置かず、できるだけ早く出すようにしましょう。

    その際には、お礼の言葉を添えることを、忘れないでください。

    例えば「先日は、ご丁寧に、暑中見舞いをいただきありがとうございました。」
    といった一文を加えることで、先方に感謝の意を伝えるようにします。


    喪中の時はどうする?

    年賀状と違って、暑中見舞いは送っても送られても大丈夫です。

    「おめでとうございます。」という言葉を使うことがないから。
    というのが、その理由です。

    友人や親戚など、近しい人に暑中見舞いを送る場合は、
    あえて喪中に触れる必要は無く「その節は、ありがとうございました。」程度に
    書き添えるといいでしょう。



    そういえば、最近連絡とっていないなぁ~。どうしてるのかなぁ?

    こんな風に気になる友達がいるとしたら、暑中見舞いを送ってみませんか?

    暑中見舞いがきっかけで、交友が再開したら素敵ですね^ ^





    エコブームで人気の扇子。白檀はとても上品な香りがします。

    Sponsoerd link

    あわせて読みたい関連記事

      Sponsoerd link