秋がそこまで来ているのに、

まだまだ夏がはばを効かせている9月・・・。

大阪のあの場所で、勇壮な男達が集う祭りが行われます。


男達が山車を引いて駆ける場面が

ニュースでも取り上られる、あの祭り。


そう!岸和田だんじり祭りです!!

sponserd Links


ところで、だんじりって何?

だんじりとは、祭礼に奉納される山車のことをいいます。

主に、西日本でそう呼ばれます。

だんじりは、
「楽車」「壇尻」「台尻」「段尻」「地車」
とも書かれます。



岸和田だんじり祭りの歴史

岸和田だんじり祭りの始まりは約300年前

当時の岸和田藩主岡部長泰(ながやす)公が、

五穀豊穣を願って行った「稲荷祭り」だと伝わっています。

当初は、長持ちに車を付けたものの上で太鼓を鳴らし

神楽獅子を舞いながら各町を練り歩いたと想定されています。


そして、もう1つ・・・


約260年前に、大坂の祭りを見た町方の茶屋新右衛門が

牛頭天王社(現在の岸城神社)の夏祭り

献灯提灯を掲げたいと藩主に願い出たところ

それが許可されたのが始まり。


という説もあります。



岸和田だんじり祭りは2回ある?

よく、テレビで目にする岸和田だんじり祭りは

9月祭礼(岸和田地区)になりますが

翌月には、10月祭礼が行われます。

一度行ってみたいけど、9月は予定が合わなくて・・・

というのであれば、10月祭礼に出向いてみてはいかがでしょうか。



9月祭礼と10月祭礼の違い

岸和田市はいくつかの「地区」で区切られています。

この地区を「浜手」と「山手」の2つに大きく分け

9月祭礼は浜手で、10月祭礼は山手で行われます。

すべての地区の祭礼を合わせて、

岸和田だんじり祭りといいます。



開催地区と日程

岸和田だんじり祭りの開催地区と日程をご案内いたします。

試験曳きは、その名の通り、だんじりの試し曳きが行われる日です。

試しといっても、あなどる無かれ!
本番さながらに行われますから、
祭り本番の人ごみはちょっと・・・という方には、オススメです^ ^



9月祭礼

開催地区:岸和田(旧市)地区、春木地区の35町

【日程】

・試験曳き:9月第一日曜日と宵宮の前日
      (14:00~16:00)

・宵  宮:本宮の前日
      (6:00~22:00)

・本  宮:敬老の日直前の日曜日
      (9:00~22:00)



10月祭礼

開催地区:旭・太田地区、修斎地区、南掃守地区
     八木地区、山直地区、山直南地区、山滝地区の47町

【日程】

・試験曳き:本宮前週の日曜日
      (13:00~17:00)

・宵  宮:本宮の前日
      (6:00~22:00)

・本  宮:体育の日直前の日曜日
      (7:00~22:00)



2016年の日程

【9月祭礼】

・試験曳き:9月4日(日)、16日(金)

・宵  宮:9月17日(土)

・本  宮:9月18日(日)

【10月祭礼】

・試験曳き:10月2日(日)

・宵  宮:10月8日(土)

・本  宮:10月9日(日)


※問合せ先:岸和田市観光振興協会
      (岸和田だんじり会館内)TEL:072-436-0194
 特に、試験曳きの日程は、事前に再確認する事をオススメします。




Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link