お盆の時期には、

亡くなった方をお迎えし、おもてなしをするために

精霊棚(盆棚)を作り、

お盆のお供物や、故人の好物などを供えます。

こちらが、精霊棚の一例です。

お盆飾り

少し見難いと思いますが、
小さな文字で、供えてある物の名前が
書かれているのが解るでしょうか。

お位牌はあって当然ですし
お仏壇にもお花や果物は供えます。

でも、ほおずきそうめんはどうでしょう?
よく見ると、「水の子」という
聞いたことも無いような物まで供えられています。

お盆飾りには、なぜこういったものが選ばれているのでしょう?

それぞれのお飾りの持つ意味を、2回にわたって紐解きます。

今回は、その1回目です。


sponserd Links

そうめん(うどん)

そうめんを飾る意味には、諸説あります。

  • 仏様が帰る時に、荷物(おみやげ)を背負う紐になる。
  • 荷綱や手綱になる。
  • 喜びを細く長くと縁起をかついだものである。
  • 七夕(針仕事の上達を願う祭り)に
    そうめん(糸に見立てられ供物とされていた)が
    備えられていた習慣がお盆に引き継がれたもの。

例にあげたイラストの左上に、そうめんがかかっていますが
地域によっては、うどんをかけるところもあります。



さやつきの豆

豆と聞いて思い浮かぶのは、
枝豆や南京豆かもしれませんが別物です。

お盆飾りに利用される「さやつきの豆」
十六ササゲを指しています。

十六ささげ

地域によっては、長ささぎと呼ばれているものです。

十六ササゲには、2つの説があります。

1つは、お土産の包みを結わえるのがそうめんで
それを背負うのが十六ササゲという具合に、
丈夫な綱にたとえられている。という説。

もう1つは、
キササゲという木の代用として使われた。
というものです。

キササゲの木とは・・・

「雷の木」とも呼ばれるキササゲの木は
天にも届いてしまいそうなほど、高く育ちます。
天国から帰ってくる霊にとって
格好の「依り代」(神霊がよりつく対象物)となった。
と言われています。


キササゲの実が、十六ササゲとそっくり!

キササゲの実
と、いうろころも、
キササゲの木の代用に、十六ササゲが用いられた
1つの理由かもしれません。



ほおずき

ほおずきの赤い実は、赤い灯火です。

お盆飾りほおずき

亡くなった方の霊が帰ってくる時、
その足元を照らすともし火
目印となる火として飾られます。

「提灯」に見立てて・・・。とも、よく言われます。



生花

お花は、「仏界の尊さを伝える」とされていて

亡くなった方だけでなく、

生きている人の心も清めてくれる
と言われています。

盆花(ほんばな)

精霊棚(盆棚)に飾るお花を「盆花」といいます。

盆花には、桔梗女郎花(おみなえし)、
山百合なでしこなどが使われます。

昔は、山に入って、お花を摘んでいたそうです。

盆花は、秋の花が中心なので、
手に入れにくい場合もあるかもしれません。

そんな時は、亡くなった方が好きだった花など
きれいな生花を飾るといいでしょう。





お里帰りができない時は、お花を贈ってはいかがでしょう。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link