現在、当ブロブのリニューアル工事を行っているため、一時的な不具合や、一部お見苦しい部分があり、ご不便をおかけしているかと思います。状況解消まで、今しばらくお待ちいただきたくお願いいたします。
スポンサーリンク
日本の風習

節分!食べる豆の数はいくつ?なぜ大豆なの?

節分といえば、やっぱり豆まきは外すことができません。ところで、豆まきに使う豆は、どうして大豆なのでしょうか?そして、豆まきの後には撒いた豆を拾って食べるわけですが、食べる豆の数はいくつがいいのか悩んだことはありませんか?そんな、豆まきの「豆」に関わる疑問を解決します^ ^
日本の風習

節分の柊鰯とは?いつまで飾るの?

節分と言えば、豆まきが定番かと思いますが、柊鰯(ひいらぎいわし)という風習があるのはご存知ですか?しめ飾りを正月飾りと呼ぶとしたら、柊鰯は節分飾りなのでしょうが、なぜ節分に柊と鰯を飾るのでしょうか?その由来や、柊鰯を飾る期間や処分方法など、柊鰯についてまとめました。
二十四節気・雑節

啓蟄(けいちつ)の意味とは?どんな季節なの?2019年はいつ?

春の足音が近づいてきたと感じる頃、二十四節気では、啓蟄の季節を迎えます。とは言うものの、啓蟄ってなに?と思われる方もいらっしゃることでしょう。啓蟄は、二十四節気において三番目の節気になります。この時期をなぜ啓蟄を呼んだのか?啓蟄の持つ意味を始として、その季節や時期についてまとめています。
お水取り

お水取りの由来とは?どんな行事なの?東大寺2019年の日程も!

深夜ともなれば、まだまだ冷え込む奈良の3月。東大寺二月堂において、お水取りの行事が行われます。お水取りとは、どのような行事なのでしょうか?またどのようにして始まったのか、その由来もお届けいたします。2019年の日程も併せてご覧ください。
日本の暦

暦とは何か?その歴史(日本)をまとめた年表も!

暦は、古くから利用されてきたものです。暦=カレンダーと思われるかもしれませんが、カレンダーは暦というくくりの中に含まれるものになります。暦とはどんなものなのかを、一般的な暦を例にして簡単に説明しています。また、過去に利用されてきた暦の移り変わりも年表にしてまとめました。
二十四節気・雑節

二十四節気 雨水とは?2019年はいつ?

寒さの厳しい冬も終わりに近づき、なんとなく春っぽくなってきたかなぁ~?という頃、二十四節気では雨水を迎えます。とはいっても、雨水はなじみの薄い節気かもしれません。今年の雨水の日(期間)はもちろんですが、雨水の意味やその季節について、こよみ便覧と七十二候の言葉を用いてまとめました。
スポンサーリンク