長い間工事中でしたが、ほぼほぼ完了しました。もしお見苦しい部分があれば、見落としてる!と、笑ってやってください(汗;
スポンサーリンク

父の日に贈る花はなに?黄色の理由と花言葉は?

母の日に贈る花は何?と聞かれたら、すぐに「カーネーション」が浮かびますよね?!

それでは、父の日に贈る花は何?と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

黄色のバラ-min

父の日は、母の日と比べると、日本に伝わったのも、一般に定着したのも、随分遅れています。

ですから、父の日に贈る花を覚えていないとしても、それほど不思議なことではありません。

とはいうものの・・・

父の日は、年に1度、お父さんに感謝の気持ちを伝える日です!

プレゼントと一緒にお花も贈ってみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

父の日に贈る花とその由来

さて、父の日に贈る花は何?と聞かれて、あなたは、何の花をイメージしたでしょうか?

父の日の花!

それは、バラの花です。

父の日の提唱者であるソナラが、「父の日に、父親の墓前に白いバラを供えた」というところに由来しています。

ソナラのお話は、こちらの記事をどうぞ。

父の日!2019年はいつ?どんな由来があるの?
お父さんに日ごろの感謝を伝える父の日!近年はクローズアップされることも多くなりましたが、いまひとつ母の日におされ気味に感じたりもします。そこで、父の日の由来を調べてみました。また、今年の他に再来年までの父の日の日にちもご案内しています。

バラの花の色は、母の日のカーネーションと同様で、存命する父親にはを、亡くなった父親にはを贈るといわれています。

父の日に黄色いバラが定着したのはなぜ?

えっ?そんな話は聞いたことがないけど・・・
父の日に贈るバラの花って、黄色じゃないの?

こんな風に感じている方もいらっしゃるかと思います。

父の日の花はこれ!と決まっているわけではないので、実際は、赤や白ではないバラの花も贈られたりしています。

黄色いバラ

では、なぜ?黄色いバラが定着したのでしょう。

日本には、1981年に設立された「日本ファーザーズ・デイ委員会」が開催している、「父の日黄色いリボンキャンペーン」があります。

「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」どこかで聞いたことはありませんか?

このイベントも、父の日黄色いリボンキャンペーンの一環です。

2018年は、落語家の林家たい平さんや、ロックシンガーのダイヤモンド☆ユカイさんなど5名の方が受賞しています。

それ以前には、上原浩司さん(メジャーリーガー)、ヒロミさん(タレント)、生瀬勝久さん(俳優)、中村勘九郎さん(歌舞伎役者)、佐々木健介さん(プロレスラー)、つるの剛さん(俳優)などが受賞しているあの賞です☆

といえばピンとくる方も多いのではないでしょうか。

「父の日黄色いリボンキャンペーン」では、幸せや幸福の象徴である「黄色」を、「父の日」のイメージカラーとしています。

このことが、バラの花と融合して、黄色のバラを送る風習が生まれ定着したといわれています。

それにしても、「黄色」はどこからやってきたのかが不思議です。

日本ファーザーズ・デイ委員会が、父の日のイメージカラーを「黄色」とし、「黄色いリボン賞」を設けたのには、このような由来があります。

黄色いリボンの由来

実は・・・

「黄色」は、世界で最も大切にされている色の1つなんです。

ご存知でしたか?

もともと、この黄色という色は、身を守るための色として、イギリスで生まれました。

イギリスには、昔から「黄色いものを身に着けると身を守ることができる」という言い伝えがあります。

その黄色がアメリカに渡り、愛する人の戦場での無事と帰還を願う「黄色いリボン」となりました。

やがて、黄色や黄色いリボンは、「命にかかわる大切な色」そして「愛と信頼と尊敬を表す色」として、世界各国に広がっていったのです。

※豆知識
【黄色の持つ意味】
嬉しさ、楽しさ、暖かさ、幸せ、富貴、希望、向上
【黄色の情緒的な意味】
元気の良い、陽気な、快適な、若々しい、晴れやかな、刺激的、興奮的、晴朗、上機嫌、羨望

父の日に贈る人気の花と花言葉

父の日の花はバラではありますが、実際は、それ以外の花も贈られています。

ということで、父の日に贈る人気の花と花言葉(バラを含む)をお届けいたします。

父の日に贈る人気の花① バラ

父の日の花として、もっともポピュラーなバラの花♪

父の日に贈る場合の人気色は、黄色です。

黄色と白のバラ-min

バラの持つ花言葉は…?
「愛」「美」「清新」「幸福」

主な色の持つ花言葉

  • 赤 「愛情」「あなたを愛します」「情熱」「美」「強烈な恋」「すべてをつくす」
  • 黄 「美」「友情」「献身」「可憐」「あなたを恋します」「嫉妬」「薄れいく愛」「別れましょう」
  • 白 「純潔」「清純」「恋の吐息」「相思相愛」「素朴」「心からの尊敬」「約束を守る」
  • ピンク 「上品」「気品」「温かい心」「しとやか」「満足」「輝かしい」「美しい少女」「一時の感銘」
  • オレンジ 「信頼」「絆」
  • 青 「神の祝福」「奇跡」「夢かなう」
  • 紫 「誇り」「気品」「上品」「王座」「尊敬」
  • ミニバラ 「無意識の美」

黄色のバラは要注意!

父の日の花として定着している黄色のバラですが「嫉妬」や「別れましょう」という、父の日には好ましくない花言葉を併せ持っています。

黄色のバラを贈る場合は、できることなら1色だけではなく、他の色と合せて贈る事をおススメします。

万が一、お父様が花言葉を知っていたら・・・!転ばぬ先の杖です^ ^

父の日に贈る人気の花② ひまわり

ひまわりは、バラの花に次いで人気の花です。

ひまわり-min

父の日のイメージカラーが、黄色ということはもちろん!

ひまわりの持つ「元気」「希望」といった明るいイメージが、家族の元気の源であるお父さんのイメージと重なる>ことが、人気の秘密かもしれません。

ひまわりの持つ花言葉は…?
「あこがれ」「熱愛」「あなたを見つめる」「愛慕」「光輝」「敬慕」「敬老の日」「情熱」「輝き」

父の日に贈る人気の花③ ゆり

ゆりの花自体に人気があることはもちろんなのですが、バラの花とはまた違う雰囲気を持っているユリの花の香りが人気に一役かっているようです。

ユリの王様-min

気品漂うゆりの香り・・・
ほんのりというよりは、結構強い香りです。

もしかしたら苦手(> <)というお父さんもいらっしゃるかもしれませんが、ここは、気持ちに免じて許していただきましょうか^ ^;

ゆりの持つ花言葉は…?
「純潔」「無垢」「威厳」「子の愛」

それぞれの色が持つ花言葉は

  • 白 「純潔」「威厳」「無垢」「甘美」「無邪気」「清浄」
  • ピンク 「思わせぶり」「虚栄心」
  • 黄色 「陽気」「飾らぬ美」「偽り」「不安」
  • 橙 「華麗」「愉快」「軽率」

です。

お・ま・け♪
ユリの女王といわれるカサブランカは、「威厳」「純潔」「高貴」という花言葉を持っています。

父の日に贈る人気の花④ 蘭

一言で「蘭」といっても、日本にある蘭の種類は、なんと230種!!

ハンパないです(汗;

蘭に属する花の中で、「シンビジウム」「胡蝶蘭」「カトレア」あたりは、有名どころなのでご存知のかたも多いかと思います。

父の日に限らず、贈り物として人気のある蘭の花ですが、育てるのが難しいということでも有名です。

父の日の花として人気があるのは、蘭を育てる難しさと、お父さんの頑固で扱いにくい一面が重なるからなのかもしれません。

たくさんある蘭のなかで、贈り物として需要が高いのは「胡蝶蘭」です。

胡蝶蘭②-min

胡蝶蘭の持つ花言葉は…?
「幸福がやってくる」「清純」「純粋」「あなたを愛しています」

それぞれの色には

  • 白 「変わらぬ愛」「清純」「幸福が飛んでくる」
  • ピンク 「あなたを愛します」

という花言葉があります。

父の日にピッタリですね!

お花選びに迷ったら?

父の日のお花どうしよう?と、迷ってしまったら、フラワーショップの店員さんに

父の日のプレゼントで、○○(メインになる花)を入れて、○○円の花束(アレンジメント)をお願いします。」

と、伝えましょう。

きっと、あなたの予算内で、素敵な花束を作ってくれるはずです。

花の種類は、おまかせでも十分対応はしてくれますが、せっかくなので、メインのお花は自分で決めてみてはいかがでしょうか。

あなたの気持ちですから・・・。

そんな時には、ここに上げた花言葉を参考にしていただけたら幸いです。

≪参考≫
 父の日 / 日本文化いろは事典
 プロローグ / 日本ファーザーズ・ディ委員会
 父の日の花言葉・誕生花 / 株式会社日比谷花壇

コメント

タイトルとURLをコピーしました