普段お世話になっている方への夏のご挨拶

といえば「お中元」ですね^ ^


お中元

何を贈ろうか?毎年悩むのよねぇ~。

という方も、
少なくはないでしょう。


さて、突然ですが・・・

お中元はどうして「お中元」なの?

なんて、疑問に思ったことはありませんか?


Sponsoerd link

お中元の由来

お中元の「中元」は、
中国の道教の祭日である三元の中元からきています。

三元とは、

  • 上元:旧暦1月15日
  • 中元:旧暦7月15日
  • 下元:旧暦10月15日

をいい、それぞれの行事が行われていました。

道教での中元は、贖罪(しょくざい)の日として
一日中火を焚いて神様を祝う風習がありました。
※贖罪=自分の犯した罪や過失を償うこと。罪滅ぼし。

さらに中国では、同じ7月15日に、
仏教の行事である盂蘭盆会(うらぼんえ)が行われていたこともあり
中元と盂蘭盆会の行事は一体化しています。




日本では・・・
お盆
中国より仏教が伝わると
盂蘭盆会はお盆の行事となり定着します。

お盆というと
迎え火や送り火、盆踊りなどを
思い浮かべるかと思います。

それらと同様のお盆の風習として
「盆礼」があります。

江戸時代になり、
お盆の風習が民間行事として盛んになると
親族や知人の家を訪ねて進物の贈答をすることが行われました。

この盆礼が、お中元の起源です。

地域によって「生御霊(いきみたま)
「生盆(いきぼん・しょうぼん)とも呼ばれています。

盆礼は7月15日までに行う風習だったことに
道教の中元が7月15日だったことが重なって
「お中元」と呼ばれるようになったと言われています。

※豆知識※

「本来のお盆」

現在では、お盆の行事というと
亡くなったご先祖様の霊を供養する行事として定着していますが
古来日本では、先祖祭りの行事の1つでした。

つまり・・・

亡くなったご先祖様だけではなく
生きている先祖である父母に対しても行う行事だったのです。

「生御霊」「生盆」という言葉には

  • 今生きていることを喜ぶ
  • お互いの無事を祝う

という意味があります。

お盆は、ご先祖様の霊を迎い入れ
家を守ってくれることに感謝すると共に
子供たちが父母の健康を祝うというのが本来の形なのです。


お中元を贈る相手

お中元は、日頃お世話になっている方へ
感謝の気持ちや、
これからもよろしくお願いしますの思いを込めて贈ります。




◎両親・親戚関係
 ご両親へのお中元は、
 別居して遠方に住んでいる場合に贈る方が多いようです。
 
 親戚関係へは、必ずしも
 お中元を贈らなくてはいけないということはありません。
 普段のお付き合いの度合いで判断してかまいません。

 ただ、遠く離れた親戚の方で会う機会もなく気になる場合は
 お中元ではなく、暑中見舞いとして
 普段の疎遠を詫びると共にご機嫌を伺うという方法もあります。




◎お仲人さん
 仲人をしていただいた後の3年間
 そのお礼として、お中元とお歳暮を届けるという習慣があります。
 その後は、お付き合いの程度によって決めて大丈夫です。




◎恩師(先生)
 通常、お子様の通う学校の先生へのお中元は必要ありません。
 
 大学のゼミや研究室でお世話になった先生には
 卒業後、お中元を贈る方もいるようです。




 

◎仕事関係
 会社の上司へのお中元を考えている場合は、
 近年、虚礼廃止の風潮があり
 社内での贈答を禁止している会社もありますので
 一度、確認することをお勧めします。

 また、仕事以外で個人的にお世話になった場合(仲人など)は
 お中元を贈り感謝の気持ちを伝えることはかまいません。

 同僚同士の場合は、お中元という改まった形ではなく
 その都度「お礼」として、プレゼントを贈ったり
 お食事に招待するといいでしょう。

 気をつけたいのは、個人的に部下からお世話になった場合です。
 お中元は目下の者から目上の方へ贈る
 という慣習がありますので、
 この場合も「お礼」として品物を贈ったり、
 お食事へ招待するようにするようにしましょう。




◎習い事の先生
 お子様が習い事をしている場合、
 特にその先生へのお中元は必要ありません。
お中元②
 ただ、父兄が集まりお金を出し合って
 お中元を贈るということもあるようです。

 また、茶道や華道、舞踊といった世界は独特で
 先生へのお中元やお歳暮は欠かせません。
 交際のひとつとして、定着しているようです。
 
 渡し方も、宅急便などは利用せずに
 直接お会いして、
 お礼の言葉と共に手渡すものとされています。


お中元を贈る時期

お中元を贈る時期は、7月始めから15日までが一般的ですが
近年、デパートのお中元商戦が早くから始まることもあり
年々早まっている傾向があります。

また、地域によってお盆の時期が違うことから
お中元の時期にも違いがあります。

  • 北海道:7月15日~8月15日
  • 東北・関東:7月1日~7月15日
  • 東海・関西・近畿・中国・四国:7月15日~8月15日
  • 九州:8月初旬~8月15日

となっています。

沖縄では、旧暦でお盆を迎えることが多いので
旧暦7月15日までに届くように贈りましょう。
※沖縄のデパートでは、7月~旧暦7月15日まで
 お中元コーナーが設けられているそうです。


そして北陸
金沢などの都市部は、7月1日~7月15日
能登などの都市部以外は、7月15日~8月15日
となっています。
※不安な場合は、親しい人に聞いてみるのが一番です^ ^


お中元の時期を過ぎてしまった場合

うっかり時期を逃してしまった場合は、
のしの表書きを変えて贈るようにします。

お中元を贈る時期が違うのと同じように
地域によって違いがあります。

  • 北海道
      8月15日を過ぎて先方に届く場合
      8月末くらいまで「残暑見舞」として贈ります。
  • 東北・関東・北陸
      7月15日を過ぎて8月7日頃の立秋までは「暑中御見舞」「暑中御伺」
      さらにそれを過ぎてしまった場合は8月末くらいまで
      「残暑見舞」として贈ります。
  • 東海・関西・近畿・中国・四国・九州
      8月15日を過ぎて先方に届く場合
      8月末くらいまで「残暑見舞」として贈ります。



さて・・・
お中元の品物選びや金額について
毎年、頭を悩ませてはいませんか?

そのあたりを含めたお中元のマナーについては
次の記事でお届けいたします。

どうぞ、お楽しみに☆

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link