春には、いたるところが桜で埋め尽くされる日本。

あちこちで桜祭りが開催され、その名所と言われる所は、観光客でにぎわいます。


桜が散り、その賑わいが去る頃・・・

桜と変わらない歴史を持つ、つつじが開花します。

つつじ

つつじというと、盆栽のイメージが強いかもしれません。

確かに、鉢植えで枝ぶりの整ったつつじは、見栄えもいいので、鑑賞用に重宝されます。

が・・・

つつじは、古くから日本に自生している植物です。

栽培用のつつじは、その野生種を改良したものになります。

もちろん!

現在も、つつじが自生している場所があります。

その多くは、つつじ園として、たくさんの人に親しまれています。

今回は、その中から、葛城山をご紹介いたします。


sponserd Links


葛城山のつつじの歴史

葛城山は、奈良県と大阪府の境にそびえる山で、正式名称を「大和葛城山(やまとかつらぎやま)といいます。

修験道の開祖といわれる役小角(えんのおづの)が、修行に入った山としても、知られています。
※役小角が葛城山に入ったのは、吉野山より以前です。


とはいえ、葛城山は、その頃からつつじに覆われていたわけではありませんm(_ _)m

葛城山の山頂付近は、元々で覆われていました。

笹は、6~70年に一度花を咲かせ、実をつけると枯れてしまう、と言われています。

葛城山では、1970年頃に笹の花が咲き、枯れた後に、つつじが咲き出したのだそうです。

開花時には、真っ赤なじゅうたんのごとく葛城山を埋め尽くすつつじは、すべて自生のものです。


ちなみに・・・

笹は実をつけた部分が枯れても、根の部分は生きていて、また新たに生えてきます。

葛城山では、その景観を守るために、年に2回、笹を刈る作業をしているそうです。


つつじの見頃と開花情報

春、つつじの花で真っ赤に染め上げられる葛城山。
その光景は、「一目百万本」と称されています。

つつじは、5月初旬からつぼみが膨らみ始め、中旬には見頃を向かえます。

そして、下旬にはシーズンが終わりとなるので、それまでの間が一番いい時期になります。

そんな時期の動画を用意しましたので、どうぞご覧ください^ ^



いかがでしたか?

こんな動画を見てしまうと、せっかく葛城山へ行くのであれば、つつじの開花状況が一番いい時期に行きたい!なんて思ったりはしませんか?

そう思って調べてみたのですが、桜のような開花予報は、発信されていないのが現状です。

そんな中、葛城山の情報随時発信してくれているところがありました!

それは「国民宿舎 葛城山高原ロッジ」です。

ホームページへアクセスいただいたあと、TOPページ最上部にある「新着情報」をクリックのあと「今日の葛城高原」でチェックすることができます。
 ⇒「葛城山高原ロッジホームページ」

また、葛城山のとなりにそびえる金剛山には、ライブカメラが設置されています。
 ⇒「金剛山ライブカメラ」

金剛山は、一面がつつじというわけではありませんが、様々な草木が、花を咲かせます。
お隣の山なので、何かしら参考になるかと思います。

金剛山に咲く花達は、こちらでご確認いただくことができます。
 ⇒「金剛山 花の図鑑」


葛城山へのアクセス

さて・・・

そんなに見事なつつじなら、見に行ってみようかな?

と、思い立ったはいいけれど・・・場所は・・・?となってしまっているあなた!まずは、葛城山の場所をご確認ください。

葛城山は、奈良県御所(ごせ)にあります。



つつじの咲く山頂へは、ロープウェイで登りますので、ここでは、ロープウェイの発駅である「葛城山登山口駅」までのアクセスをご案内いたします。


車でお越しの場合

◎京都方面より

京奈和自動車「檀原北IC」⇒ 国道24号線(約15分)
 ⇒ 大和高田バイパス「弁の庄ランプ南」(約10分)
 ⇒ 国道165号線~太田南交差点
   ~県道30号線~櫛羅交差点~県道213号線(約17分)
 ⇒ 御所市観光協会駐車場

京奈和自動車「檀原北IC」⇒ 国道24号線(約15分)
 ⇒ 大和高田バイパス「東室ランプ」(約5分)
 ⇒ 国道165号線~東室交差点
   ~国道24号線~御所駅南交差点~県道213号線(約22分)
 ⇒ 御所市観光協会駐車場




◎大阪方面より

西名阪自動車道路「柏原IC」
 ⇒ 国道165号線~太田南交差点
   ~県道30号線~櫛羅交差点~県道213号線(約40分)
 ⇒ 御所市観光協会駐車場

南阪奈道路「葛城IC」
 ⇒ 県道30号線~櫛羅交差点~県道213号線(約17分)
 ⇒ 御所市観光協会駐車場


駐車場について

葛城山山頂への、マイカー乗り入れはできません。

皆様に、御所市観光協会駐車場(120台程度:有料)を、ご利用いただくようになります。

御所市観光協会駐車場より「葛城山登山口駅」までは、徒歩すぐになります。

駐車場の場所は、こちらでご確認ください。
 ⇒「葛城山情報」
 
【駐車料金(すべて1回の料金です)

  • 乗用車:1,000円
  • 大型バス・中型バス:5,000円
  • マイクロバス:2,500円
  • 大型バス(学割):3,000円
  • 二輪車:200円

 ※観光バス等でご来場の場合は、御所市観光協会への事前連絡が必要です。
  連絡先:0745-62-3346(平日:8:00~17:15)


電車でお越しの場合

近鉄「御所駅」(3番乗り場)
 ⇒「葛城ロープウェイ前」行(奈良交通バス:約15分)
 ⇒「葛城ロープウェイ前」下車(徒歩すぐ)
 ⇒「葛城山登山口駅」

【バス料金】片道:290円


山頂へのアクセス

先にも書きましたとおり、ロープウェイを利用します。

近鉄ロープウェイ「葛城山登山口駅」から「葛城山頂駅」まで約6分になります。

【料金】片道:740円 往復:1,250円

短い時間ではありますが、ロープウェイの窓から見える風景もお楽しみください^ ^




近年、葛城山では、

  • つつじの枝を折る もしくは、
  • 土を掘り返して、つつじを根ごと持ち帰る

という事が、後を絶たないそうです。

葛城山の美しい自然を、長く残すためにも、心無い行動は慎んでくださいますようお願いいたします。



≪参考≫
金剛山の隣の大和葛城山のツツジ / ザ・金剛登山



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link